野球パビリオン・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、プレーオフ初勝利でリーグ優勝決定!!


松坂大輔投手がプレーオフ・アメリカンリーグ優勝決定シリーズ第七戦に先発登板しました。勝った方が ワールドシリーズ進出を決めるという“大一番”の試合。地元ボストンでも松阪大輔投手に対して厳しい意見が聞かれるという中、勝ちに繋がるピッチングをしたい所です。

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が22日(日本時間)、本拠地フェンウェイ・パークでインディアンスとのアメリカンリーグ優勝決定シリーズ第七戦(七回戦制)に先発登板した。

松阪大輔は、五回2失点と先発の役割を果たし、プレーオフ初勝利を挙げた。

試合は、レッドソックスが11-2で大勝し、4勝3敗で3年ぶり12回目のリーグ優勝を決めた。

ワールドシリーズ進出がかかる“大一番”の試合で、先発としてのまずまずの結果といえるのではないでしょうか。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000027-mai-base続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、プレーオフ初黒星を喫す!


松坂大輔投手がプレーオフ・アメリカンリーグ優勝決定シリーズ第三戦に先発登板しました。地区シリーズでの登板では勝敗が付かなかった松阪大輔投手でしたが、リーグ優勝決定シリーズでの登板やいかに!?

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が16日(日本時間)、敵地でインディアンスとのアメリカンリーグ優勝決定シリーズ第三戦(七回戦制)に先発登板。
五回途中4失点でプレーオフ初黒星を喫した。

レッドソックスは、本拠地フェンウェイ・パークでの二戦は1勝1敗と五分も、第二戦(現地時間13日)では延長十一回に7点を奪われ13-6と後味の悪い負け方をしているだけに、流れを断ち切る意味でも松阪大輔のピッチングに期待が掛かった。

第一戦を見た時点ではレッドソックスに勢いがありそうでしたが、インディアンスもヤンキースを破って来ただけあります。
松阪大輔投手もここでビシッと決めてくれると地元ボストンの評価もアップしたのでしょうが...


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000009-spnavi-base続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、プレーオフ第二戦に先発も3失点で途中降板...


松坂大輔投手がプレーオフ・地区シリーズ第二戦に先発登板しました。レギュラーシーズンの最終登板で調子を戻したかに思われましたが、プレーオフ独特の緊張からか五回途中、3失点で降板という結果でした。

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が6日(日本時間)、本拠地フェンウェイ・パークでのプレーオフのア・リーグ地区シリーズ第二戦、エンゼルス戦に先発登板。
二回に3点を失うなど苦しい投球で五回途中で降板となった。

また、岡島秀樹が七回途中に4番手で登板し一回1/3を投げ、打者4人に対し無安打に抑えた。

試合はレッドソックスが同点で迎えた九回、主砲ラミレスがサヨナラ3点本塁打を放って6-3で2連勝とした。

チームが勝ったから良かったものの、松阪大輔投手の投球は安定しませんでした。ちょっと不安ですね...

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071006-00000046-mai-spo続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、日本人新人の最多15勝目! - レ軍は地区優勝!!


松坂大輔投手が日本人ルーキー新記録となる15勝目を、今季レギュラーシーズン最後の先発登板で達成しました。
また、レッドソックスはこの試合の勝利で12年ぶりアメリカンリーグ東地区優勝が決まりました。


MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が29日(日本時間)、本拠地でのツインズ戦に今季レギュラーシーズン最後の先発登板。八回2失点の好投でチームの勝利に貢献した。

松坂大輔は日本選手米国1年目としては、02年の石井一久(当時ドジャース)の14勝を上回る、最多15勝目を挙げた。さらに日本選手としては03年の野茂英雄(同)以来となる200投球回、200奪三振もマークした。

15勝目を掛けた最近の登板は苦労していましたが、レギュラーシーズン全体を通した成績は立派なものです。

またこの日、2位のヤンキースがオリオールズに敗れたため、レッドソックスの12年ぶりの地区優勝が決まった。

地区優勝が決まるような大事な試合に先発が周り、勝ち星を挙げる松阪大輔投手。“何か持っている”んでしょうね!?

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070929-00000023-mai-spo続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、15勝目ならず - チームはプレーオフ進出決定!


松坂大輔投手の日本人ルーキー新記録となる15勝目は、レギュラーシーズン最終となる次回登板に持ち越された。
また、レッドソックスはこの試合の勝利でプレーオフへの進出が決定しました。


MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が23日(日本時間)、敵地でのデビルレイズ戦に先発登板。七回途中、5-3とリードした展開で降板したが、後続が打たれ日本人新人投手で最多の15勝目は、レギュラーシーズン最終となる次回登板に持ち越された。

しかし、チームは逆転勝ち。同日、タイガースが敗れたため、プレーオフへの進出が決定した。

リードを保って降板でしたが、内容的にはちょっと...チームが勝ったので助かった感じがします。続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、15勝目は幻に...


松坂大輔投手の日本人ルーキー新記録となる15勝目は幻に終わる...本拠地フェンウェイ・パークでヤンキースとの首位決戦に先発した松阪大輔投手は勝利投手の権利を得て降板したものの、その後チームが逆転されて勝ち星は付きませんでした。

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松阪大輔が15日(日本時間)、本拠地フェンウェイ・パークでヤンキースとの首位決戦に今季30度目の先発登板。
五回2/3を投げて4安打2失点で、勝利投手の権利を得て降板したものの、試合終盤にチームが逆転され、15勝目はならなかった。

巡りあわせとはいえ、残念ではあります。松阪大輔投手も、五回2/3での降板はちょっと“早い”ですよね。

七回途中から4番手として登板した岡島は、八回に2者連続の本塁打を浴びるなど4失点で不本意な内容だった。
ヤンキースの松井秀は6番・左翼で先発し、四回にチームに初得点をもたらす右翼線三塁打を放った。

この試合は松阪大輔投手がよく投げていたのですが...

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000046-mai-spo続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、メジャー最短KOで12敗目!


松坂大輔メジャー最短KO! 敵地でのオリオールズ戦に先発登板した松阪大輔投手でしたが、自己ワーストとなる8失点で降板。12敗目(14勝)を喫しました。

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔が8日(日本時間:9日)のオリオールズ戦に今季29度目の先発登板。

日本人新人投手最多の15勝目をかけてのマウンドとなったが、大リーグ自己最多の8点を失う乱調で、12敗目を喫した。三回二死での降板も大リーグ自己最短。

う~ん、いけませんね松阪大輔投手。
終盤の“大事な所”で打たれるケースが多かった松阪大輔投手ですが、今回は三回持たずとその“大事な所”までもいきませんでした。

続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、7失点ながら14勝目!


松坂大輔投手が本拠地でのブルージェイズ戦に先発登板し、6回途中7失点ながらも打線の援護もあり、約1ヶ月ぶりの勝利投手となりました。これで、日本人ルーキー最多タイとなる14勝目(10敗)を挙げたことになります。

MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔がは3日(日本時間:4日 午前8時)ブルージェイズ戦に先発した。

8月4日のマリナーズ戦で白星をあげたが、その後3連敗と約1ヶ月勝ち星に恵まれていない松阪大輔。ブルージェイズとは過去に3度対戦して2勝1敗とまずまずの成績だけに、14勝目に期待がかかる一戦となった。

松阪大輔は六回途中7失点を喫しながらも見方打線に助けられ、日本人ルーキー最多タイとなる14勝目(10敗)を挙げた。

14勝目という数字は素晴らしいのですが、大量リードからの失点で六回途中降板と投球内容は散々でした。続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、ヤンキースとの首位決戦に先発も11敗目!


松坂大輔投手が宿敵ヤンキースとの首位決戦に今季27度目の先発登板。しかし、 七回途中5失点で今季11敗目(13勝)を喫しました。
また、ヤンキースの松井秀喜選手は「5番・DH」で先発し、先制の1打点を挙げました。


MLB・米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔がは28日(日本時間:29日 午前8時)、敵地ニューヨーク・ブロンクス(ヤンキー・スタジアム)で行われたヤンキース戦に先発登板。松井秀喜外野手の所属するヤンキースとは今季3度目の対戦、松井とは2度目の対戦となった。

3連戦となる初戦、敵地で白星を獲得出来れば、レッドソックスは12年ぶりの地区優勝に大きく近付く。逆転優勝に望みを賭けるヤンキースは何としても落とせない3連戦だけに注目が集まった。

レッドソックスとしたら直接対決で一気に差を広げたい所ですから、松阪大輔投手も大事な登板でしたが...続きを読む

MLB・レッドソックス松阪大輔投手、ほぼ完璧なピッチングも痛恨の一発を浴び10敗目!


松坂大輔投手がデビルレイズ戦に先発登板し、五回まで無失点の好投を続けていたものの、六回に逆転の一発を浴びて10敗目を喫しました。
日本人投手の大リーグ1年目として最多に並ぶ14勝目はまたもおあずけに。


MLB・レッドソックスの松坂大輔が敵地トロピカーナ・フィールドでデビルレイズ戦に先発登板。
五回まで被安打1の無失点と好投したものの、1点リードの六回、アップトンに逆転2ランを被弾。この回限りで降板し、敗戦投手(今季10敗目)となった。

いいピッチングを展開していたので、味方打線に援護して欲しかったですがこればかりは何とも...

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000057-mai-spo続きを読む
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。