「レ・ブールー」か監督交代!?-W杯の責任で・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レ・ブールー」か監督交代!?-W杯の責任で


『レ・ブルー』フランス代表チームの監督交代!?しかもW杯が影響!?
これだけ見たら"マジ!?"って感じでびっくりだよ。
『レ・ブルー』でも「Les Bleues」の方だよ...って言われてもね。
詳しく説明してよ!!


「Les Bleues」(レ・ブルー)の愛称で呼ばれるフランス代表チームの新監督にブルーノ・ベニ氏が15日就任した。ただしドメネク監督が指揮する代表は「Les Bleus」。発音は同じだが、フランス語で青を意味する「bleu」に女性形の「e」がつく「Les Bleues」は女子の代表だ。
前任はエリザベット・ロワゼルという女性監督。1997年から10年近くにわたって女子代表の監督を務めてきたが、今年9月に中国で開催されるW杯への出場はならなかった。ベニ新監督はこれまで女子のU-19代表を率い、2003年の欧州選手権で優勝している。

影響したのは女子W杯の方か...そりゃそうだ!!
フランス女子W杯出れないんだ。


なおフランスサッカー連盟は同日、2011年W杯女子サッカーの開催国にフランスが立候補する意向を明らかにした。同大会の開催にはすでにドイツが名乗りを上げている。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。