外出先のPCをMyPCにする-携帯より小さいLinuxPC・wizpy・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外出先のPCをMyPCにする-携帯より小さいLinuxPC・wizpy


自分の使い慣れた環境で外出先のPCを使えたら便利だし、作業もしやすいというものだ。そんな考えを実現させてくれる物が登場とか。
セキュリティは大丈夫?大きさ・重さは?などの面はとうだろうか。


ターボリナックスは、手のひらサイズのLinuxPC「wizpy」を2月23日より発売する。wizpyは、OSにLinuxを採用した携帯電話よりも小さなPCで、PCのUSBポートに「wizpy」を接続して起動すると、そのPCを自分専用のPCとして使用できるというユニークな特長が魅力だ。
価格は、2Gバイトモデルが2万9,800円(税込み)、4Gバイトモデルが3万3,800円(税込み)。カラーバリエーションは、2Gバイトモデルがホワイトの1色、4Gバイトモデルがホワイトとブラックの2色。
wizpy の名前の由来
with Privacy(プライバシー)、with Portability(ポータビリティ)、with PC(パソコン)、with Player(プレーヤー)という、大きく4つの意味が込められている。これらのアルファベットの頭文字「P」の意味を込めた造語が「wizpy」

with Privacyとは、プライバシー・セキュリティを表す。wizpyは、使用するPCに履歴を残さずに、使用しているPCにも入り込めない仕様なので、高いセキュリティを実現している。

with Portabilityは、wizpyのコンパクト設計を意味する。wizpyを携帯すれば、会社や出張で重いPCを持ち歩く必要がなく、どこでも自分専用のPC環境を再現できる。重さも約50gで、USBメモリーとしても各種データを携帯できる。

with PCとは、PCに接続するだけで、自分専用のOSが起動することを指す。メールやブラウザなどの利用者の環境をまるごと持ち歩くことができるので、どこにいても使い慣れた環境でインターネットを楽しめる。

with Playerは、wizpyのマルチメディアプレーヤーとしての機能を意味し、動画や音楽の再生からボイスレコーダー、ラジオ、静止画・テキストビューアまで、あらゆるマルチメディア機能をwizpy 一台に集約した。

凄く深い意味を持った名前なんだな、「wizpy」!!

wizpyを使うとこう変わる
wizpyを挿したPCが自分のPCになるので、wizpyだけを持ち歩けばよいということになる。

ノートPCなどを持ち歩く必要がないというのは楽かも。

他社OSと比べてのwizpyの優位な点
導入のしやすさ、コストパフォーマンスだろう。他社の新OSでは、OSの価格が約3万2,000円で、オフィスソフトを追加すると、プラス5万円の出費を覚悟する必要がある。wizpyは、2万9,800円から購入できるし、オフィスソフトも標準で入っている。

導入が簡単なのって凄くいい。これ大事でしょ!

いろいろな機能を持ちながら導入が簡単で、使い慣れた環境でPCができる。良い物が次々と発売されるな~。


(引用:ライブドアニュース)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。