サッカー・U-23五輪代表候補20人を発表 ! - OA枠は遠藤保仁のみ・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-23五輪代表候補20人を発表 ! - OA枠は遠藤保仁のみ


北京五輪に出場するサッカー・U-23日本代表の候補合宿(7月7~9日)参加メンバー20名が発表になりました。誰が選出されるのか注目されたOA枠は結局、遠藤保仁選手(G大阪)のみとなりました。
3人まで認められるOA枠をフルに使わないことを選択した“反町ジャパン”。
これがチームに良い影響となってくれることを望みたいと思います。


日本サッカー協会は30日、男子の北京五輪代表候補20人を発表した。

3人まで認められる24歳以上のオーバーエージ(OA)枠を使って遠藤保仁(G大阪)を初選出した。
また、所属クラブが五輪派遣に難色を示していた大久保(神戸)の招集は事実上断念した。

小野剛技術委員長は故障など不測の事態が起きない限り、
北京五輪のOA選手は遠藤保仁のみになるという見通しを示した。

元々?マークの付く制度の「五輪OA枠」、所属チームの事情が絡んできても文句は言えません。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000078-mai-socc
■A代表選出組も
A代表で6月のワールドカップ予選を戦った内田(鹿島)、安田理(G大阪)や、
故障明けの豊田(山形)が復帰した。

水野(セルティック)や伊野波(鹿島)らは落選した。
香川(セ大阪)らJ2の一部選手は公式戦の日程に配慮し、故障中の長友(FC東京)とともに
今回は招集を見送った。

水野選手はこのまま北京五輪代表入り絶望でしょうか。
U-23日本代表入りに関しては海外移籍が"裏目"に出ましたね。


このメンバーで7月7日から3日間、千葉県内で合宿を行い、最終登録18人は14日に発表される。

反町監督は「公式戦やけが人を考慮し、現段階での北京五輪を見据えたベストメンバーを招集した。
3日間と短い期間だが、実りのある合宿にしたい」とコメントした。

反町監督の中では、ある程度主力クラスの人選は済んでいるでしょうから、
北京五輪でのベンチ入りメンバーを決める合宿となるでしょう。



【サッカー・U-23日本代表候補】
GK:西川周作(大分) 山本海人(清水)

DF:水本裕貴(京都) 細貝萌(浦和) 青山直晃(清水) 森重真人(大分) 安田理大(G大阪)
   内田篤人(鹿島) 吉田麻也(名古屋)

MF:遠藤保仁(G大阪) 本田拓也(清水) 谷口博之(川崎) 梶山陽平(FC東京)
   本田圭佑(VVV/オランダ) 梅崎司(浦和)

FW:豊田陽平(山形) 李忠成(柏) 岡崎慎司(清水) 興梠慎三(鹿島) 森本貴幸(カターニア/イタリア)

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。