『オシャレ魔女 ラブandベリー』、9月でサービス終了へ !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オシャレ魔女 ラブandベリー』、9月でサービス終了へ !


女の子向けカードゲームの“元祖”『オシャレ魔女 ラブandベリー』が、9月でサービスを終了するということです。アーケード版の他、DS用ソフト、アパレル事業にまで発展。女の子とお母さんたちを熱狂させたカードゲームですから、終了を残念に思う人も多いでしょう。

カード出荷数2億7200万枚を誇り、「ラブベリ」の名で知られるセガの女児向け人気カードゲーム
オシャレ魔女 ラブandベリーが9月中旬をめどにサービスを終了することを明らかにした。

カード市場が激化し、一定の役割を終えたと判断したため。

引き続き女の子向けタイトルの開発は継続するという。

他社も同じようなカードゲームを出してきたことで、ユーザーの"奪い合い"になってしまいました。
ここまで盛り上がった女の子向け市場を手放すのはもったいんいですから、
違ったゲームが出るのは間違いないでしょう。
「ラブベリ」とは ?
オシャレ魔女 ラブandベリー (「ラブベリ」)は、14歳の可愛い「オシャレ魔女」のラブとベリーが、
オシャレとダンスでどちらが目立つかを競うゲーム機。

可愛い帽子や服などが描かれた「オシャレ魔法カード」を使って、舞踏会やディスコなど舞台に応じたコーディネートを決め、歌に合わせてタイミング良くボタンを押す「ダンス勝負」でライバルより目立てば勝ちとなる。

女児向けでカードゲームがヒットするとは驚きでした。
お母さんたちを"巻き込んだ"ブームになっていましたね。



■他社の参入で競争激化
男の子向けカードゲーム「ムシキング」のヒットにヒントを得て、04年10月からサービスを開始。
06年にはアパレル事業を展開すると服などが売り切れ続出となり、DS用ソフトは100万本を突破するなど「ゲームには縁遠い」と言われた女の子向けカードゲーム市場を切り開いた。

しかし、他社の参入で女の子向けカードゲーム事業が激化して売り上げが伸び悩み、
アパレル事業も07年秋にはショップを閉店していた。

あまりのブームでアパレル事業などゲーム以外の商品が多数出て、
ユーザーが"お腹いっぱい"になっちゃいましたね。


セガ広報部は「カードゲームが他社の参入で激化し、市場がピークを迎えたと判断した。ただしヒットのサイクルはあるので、女児向けゲームの開発は継続したい」と話している。

今後、オシャレ魔女 ラブandベリーを超える女の子向けカードゲームは登場するのでしょうか。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080616-00000019-maiall-game
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。