サッカー・国際親善試合、日本vsカメルーンは0-0のドローに終わる !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・国際親善試合、日本vsカメルーンは0-0のドローに終わる !


サッカー・U-23日本代表がU-23カメルーン代表と親善試合を行い、0-0で引き分けました。試合終盤に続々と攻撃的な選手を投入するも最後まで得点を奪えず・・・。
最後のメンバー選考の掛かった試合ということで"あせり"もあったでしょうが、毎度のことながら
消化不良”な試合を見せられてしまいました。


サッカー・U-23日本代表は12日、国立競技場でU-23カメルーン代表と親善試合を行った。

前半を無得点で折り返したU-23日本代表は、後半、水野晃樹やエスクデロを投入するが、
最後までゴールを奪えず。

結局0-0の引き分けに終わった。

身体能力優れるカメルーン相手に無失点だったのは評価したいですが、
ホームで得点チャンスは数多くありましたから、何とか点を奪って"勝って"欲しかったです。
“反町ジャパン”、1トップでスタート
森本貴幸を1トップに置く4-2-3-1で臨んだ“反町ジャパン”。試合開始早々からチャンスを作る。
前半1分に本田圭祐が得意のフリーキックでカメルーンゴールを脅かす。

さらに、前半9分には梅崎から絶妙なクロスボールに、ゴール前フリーで待ち受けた森本がシュート。
決定的なチャンスだったが、惜しくも枠の左に外れゴールはならなかった。

この前半のチャンスを生かせるかどうかが本番の北京五輪でも重要になってくると思うのですが・・・。

■攻撃的選手投入も
後半に入ると、水野晃樹、エスクデロらベンチ入りの選手が次々と投入された。

カメルーンの雑な攻撃にも助けられ、試合を支配する日本代表だが、
最後のところでミスがかさなり決定的なチャンスまでいく機会は少なかった。

後半ロスタイム、絶好の位置でフリーキックを得るが、
水野のシュートは惜しくもバーに嫌われそのままタイムアップ。

攻撃の選手を増やした割には効果がなかったのはどういうわけでしょう !?

0-0のスコアレスドローで試合を終えた。

この試合内容では「オーバーエイジ」の選手を考えなくてはならないでしょうね。


U-23日本代表メンバー】
GK:西川周作
DF:森重真人→伊野波雅彦(後半37分)、水本裕貴(Cap)、吉田麻也、田中裕介
MF:本田圭佑、谷口博之→エスクデロ・セルヒオ(後半31分)、本田拓也→青山敏弘(後半42分)、
梶山陽平→上田康太(後半31分)、梅崎司→水野晃樹(後半22分)
FW:森本貴幸→李忠成(後半18分)

サブ:山本海人、青山直晃、興梠慎三

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。