バレーボール・男子世界最終予選、日本がアルジェリア破り2位 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール・男子世界最終予選、日本がアルジェリア破り2位 !


男子バレーボールの北京五輪世界最終予選兼アジア予選最終日、前日に16年ぶりの五輪出場を決めた日本。最終戦に勝って“有終の美”を飾りたい所ですが"気の緩み"が心配ではあります。
世界ランクでも下位のアルジェリア相手にどんな試合を見せてきれるのでしょうか。


男子バレーボールの北京五輪世界最終予選兼アジア予選最終日は8日、東京体育館で4試合を行い、
国際バレーボール連盟世界ランク12位の日本は同60位のアルジェリアと対戦。

日本3-0(25-20、25-13、25-18)のストレートで勝利した。

日本最終成績は通算6勝1敗
全体の2位となった。

「アジア予選での1位」というより、「世界最終予選の2位」という方が"聞こえが良い"ですね !?

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080608-00000040-mai-spo
■21歳コンビが奮起 !
日本は越川らの強打で第1セットを先取。

途中出場した清水(東海大)と福沢(中大)の活躍もあり、第2、3セットも難なく連取した。

福沢は「チームの役に立ちたいという気持ちをぶつけた」、清水は「北京までにレギュラーを取る」。
第2セット途中から出場した若い2人で計15点を挙げる活躍を見せた。

北京五輪出場を決めた後の試合とはいえ、なかなかの活躍が出来たことは
男子バレーボールチーム全体を考えると大きいことでしょう。


「北京へ向けて戦力の底上げが必要ななか、よくやってくれた。チームにも刺激になる」と
植田監督も満足そうだった。


■【世界最終予選兼アジア予選最終順位】
(1) イタリア     7勝  0敗

(2) 日本       6勝  1敗

(3) 韓国       4勝  3敗

(4) アルゼンチン  4勝  3敗

(5) オーストラリア 3勝  4敗

(6) イラン      2勝  5敗

(7) アルジェリア  2勝  5敗

(8) タイ        0勝  7敗

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。