小学館、『週刊ヤングサンデー』・『Judy』の休刊を発表 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学館、『週刊ヤングサンデー』・『Judy』の休刊を発表 !


小学館が、『週刊ヤングサンデー』と『Judy』の休刊を発表しました。発行部数の減少などから"噂"にはなっていましたが寂しいですね。漫画誌業界も“提携”などのニュースが聞かれるぐらいですから厳しいのでしょうが・・・。

小学館(東京)は30日、漫画誌『週刊ヤングサンデー』を7月31日発売号
女性漫画誌『Judy』を8月23日発売の10月号をもって休刊すると発表した。

なお連載中の人気作品は打ち切りにはせず、他誌への移行を検討中という。

漫画誌の休刊で困るのは連載中の漫画が読めなくなること。
掲載誌は変わりますが、“人気タイトル”は生き残りそうです。
■映画・ドラマ化された作品も
週刊ヤングサンデー』は昭和62年に創刊。
「海猿」「電車男」といった映画やテレビドラマ化される漫画で注目を集めた。
現在は、「Dr.コトー診療所」「クロサギ」などの人気作品が連載されている。

人気作品は他誌に移るようですが、これだけの作品を掲載している漫画誌でも苦しいんですね。

公称発行部数はピーク時の平成7年が68万部。現在は20万部まで落ち込んでいた。

広報室では「読者は自分の好きな作品だけを単行本で読む傾向が強く、
 それが雑誌の部数の低迷につながった」と話している。

昔に比べて単行本がどこでも"安く"買える時代ですから、
あえて週刊漫画誌を買う必要がないんですよね。


(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。