バレーボール・女子世界最終予選、日本が韓国を下し五輪出場決める !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール・女子世界最終予選、日本が韓国を下し五輪出場決める !


バレーボールの北京五輪世界最終予選、日本女子“柳本ジャパン”が5連勝で2大会連続の五輪出場を決めました ! "結果"が求められる最終予選でしっかり北京五輪出場権が取れたことは素晴らしいですね。
本番の五輪では「苦戦必至」とすえ感じがしますが・・・。


バレーボールの北京五輪世界最終予選兼アジア予選はは23日、東京体育館で4試合を行い、
開幕4連勝中と好調の日本女子は韓国と対戦。

セットカウント3-1(25-20、25-19、21-25、25-13)で韓国を下し2大会連続10回目五輪出場を決めた。

日本女子は無傷の5連勝で、2試合を残して出場権を得られる4位以内を確定させた。

最終戦が同じく5連勝で実力上位の「セルビア」ということを考えると、
試合を残して北京五輪行きを決められたのは大きいです。

ここまできたら"全勝"通過を目指して欲しいですか。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080523-00000950-san-spo
■ライバル韓国戦で五輪切符
第1セットの日本は序盤、韓国に先行を許したが、栗原のバックアタックや荒木のブロックで逆転、
竹下の今大会初のブロックも飛び出し押し切った。

第2セットも7-7から栗原が5連続得点を決め、荒木のブロックも冴えた。

第3セットは韓国が意地をみせ、左右の強打を繰り出して先行、
日本も杉山の移動攻撃で追ったが、届かなず。

第1,2セット取られてから"粘り"を見せる辺り、そう簡単にはいきませんね韓国は。

しかし第4セットは日本の一方的展開となり韓国を圧倒、最後は高橋のフェイントで勝負を決めた。

このセットは日本が良かったのか今大会の韓国の現状がこうなのか・・・ !?
まぁ、日本女子“柳本ジャパン”的には、「良い締め方」でゲームを終え北京五輪行きを決めれました。



■他の国は ?
セルビアはプエルトリコをストレートで下し、5連勝で初の五輪出場権を獲得。
ポーランドはタイに勝って4勝目、ドミニカ共和国はカザフスタンを破って2勝目を挙げた。 
日本に敗れた韓国は2勝3敗。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。