バレーボール・女子世界最終予選、日本がポーランドを下し好発進 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール・女子世界最終予選、日本がポーランドを下し好発進 !


バレーボールの北京五輪世界最終予選が開幕しました ! まず女子からということで、男子や大会の盛り上がりのためにも"ギリギリ出場権"ではなく、"優勝争い"を期待したい所です。
気になるのは「世界最終予選兼アジア予選」ということで、大会上位だのアジアで何位だの
出場権獲得の基準が複雑ですよね。


バレーボールの北京五輪世界最終予選兼アジア予選は17日、
東京体育館で8ヶ国が参加して女子大会が開幕。

世界ランキング8位の日本は、同9位の難敵ポーランドを3-1(25-20、27-25、19-25、25-17)で下し、
2大会連続の五輪出場へ好スタートを切った。

バレーボール目・日本女子“柳本ジャパン”は優勝は厳しくても、北京五輪出場権は何とかいけるでしょう。
「アジア予選」の枠もありますから・・・。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080517-00000953-san-spo
■栗原と荒木が要所で活躍
日本は栗原(パイオニア)、木村(東レ)のバックアタックや荒木(東レ)の好ブロックで第1、2セットを連取。

このまま“ストレート勝ち”と思いきや、すんなり勝てないのがバレーボール・日本女子です !?

第3セットを失ったが、第4セットは7-7から木村の強打、高橋(NEC)のブロックで抜け出し、
最後は大村(久光製薬)がブロックを決めて難敵を撃破した。

大事な初戦で難敵のポーランドに勝ったのは素晴らしいのですか、
「欲」をいえば1、2セットの勢いで"ストレート勝ち"して欲しかったですね、今後のためにも。



■他国のは?
昨年のW杯5位のセルビアはカザフスタンを、韓国はプエルトリコを、ともに3-1で破った。
ドミニカ共和国はタイをストレートで下した。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。