サッカー・欧州CL、チェルシーが初の決勝進出 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・欧州CL、チェルシーが初の決勝進出 !


チェルシーが欧州CLの決勝進出を決めました ! 大補強など、まさに“ビッグクラブ”となったチェルシーですが欧州CLの決勝に行くのは初めてなんですね。いよいよチェルシーが欧州クラブの頂点に立つのか !?

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は30日、ロンドンでイングランド勢同士の対戦となった
準決勝の第2戦を行い、チェルシー延長の末3-2でリバプールを下した。

この結果、2試合合計4-3チェルシーが初の決勝を決めた。

チェルシーは5月21日にモスクワで実施される決勝で、イングランド・プレミアリーグでも優勝を争う
マンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

延長戦まで持ち込まれる激しい試合でした。チェルシーも敗れたリバプールもやっぱり良いチームだなと
改めて感じさせられました。
■延長戦へ突入
雨中で120分の熱闘。初の決勝進出にチェルシーのグラント監督は、
ひざまずいて天を仰ぐと、両手を地面についてこうべを垂れた。

「歴史をつくることは特別だ。特にリバプール相手には格別だ」。
リバプールには3シーズン前と昨季の準決勝で、いずれも行く手を阻まれた。

ようやく念願の欧州CL決勝進出、しかも宿敵リバプールを降してとなれば喜びもひとしおでしょう。

2得点したドログバは試合前に相手のベニテス監督から「良い選手だが、簡単に倒れすぎる」と
ペテン師呼ばわりされ、燃えた。

前半33分に右の角度のない位置から先制シュート。延長前半15分には右クロスをけり込んだ。
試合後「ああいうことをメディアを通じて言うのはフェアではない」と硬い表情で言った。

結果的に「口は災いの元」ということになってしまいましたね、ベニテス監督は。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。