サッカー・日本代表に“悪夢”、高原、玉田のFW陣が緊急離脱 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・日本代表に“悪夢”、高原、玉田のFW陣が緊急離脱 !


サッカー日本代表にケガ人続出という情報 ! アウエーでのW杯アジア三次予選を前に、高原玉田の両FWが足に異常を訴えているとか。最近の試合で結果が出せていないFW陣だけに厳しい意見をでそうです。
大丈夫か “岡田ジャパン” !?


サッカー・日本代表が再び「バーレーン戦前の悪夢」に襲われた。W杯アジア三次予選バーレーン戦を2日後に控えた24日、FW高原直泰右太腿裏に違和感を覚えて緊急離脱。試合出場が厳しくなった。
また、FW玉田圭司左内転筋に張りを訴える非常事態となった。

岡田ジャパンはこの日、ドバイ合宿を打ち上げてバーレーン入り。
25日は敵地マナマで公式練習を行う。

FW陣の奮起を期待していた所でこのネガティブなニュースは残念です。特に高原直泰選手は所属チームでも期待を裏切っているだけにファンから欠場となると厳しい反応がでそうです。
玉田圭司選手は岡田監督が"サプライズ選出"したわけですから、何とか試合までに回復して活躍を期待してほしいのですか。今後呼ばれ続けるかはこの試合の活躍しだいでしょう。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000020-spn-spo
■またまたケガ人・・・
デジャビュ(既視感)のように「悲劇」は繰り返された。ドバイでの最後の練習中、高原の肉体に異変が起きた。突然、ピッチに仰向けとなり、両足を伸ばすストレッチを繰り返す。気温35度のピッチは一瞬にして凍り付いた。練習後、右太腿裏に張りが出たことが判明。
決戦2日前、ドバイから敵地マナマに乗り込む直前のエース離脱となった。

高原はやりきれない表情だった。浦和に移籍した今季、大事な場面で負傷が続く。
1月の指宿合宿でも左内転筋を負傷した。繰り返される悲劇に「焦っても仕方ない」と話すしかなかった。

「補強の目玉」として、浦和レッズ入りしているので、長期の休養は出来ないでしょうから、
逆に焦ってみるという荒治療はどうでしょう !?


また玉田左内転筋に張りを訴えるなど、課題の得点力不足解消はさらに厳しい状況になった。

玉田圭司選手はこのバーレーン戦が日本代表生き残りに大事な試合だと思うので
回復するといいのですが。


3年前の05年6月。同じくアウェーのW杯アジア最終予選バーレーン戦の2日前、小野が右足小指を骨折しており、あまりに酷似した悪夢。当時は代役の小笠原が救世主として決勝ゴールを決め1-0で勝ったが、果たして今回は――。
「無理をしてもチームのためにはならない。無理なら無理、行けるなら行けると(監督に)伝えたい」と高原
エースは回復にいちるの望みを託した。

色々と問題が出ても勝たないといけないW杯予選ですから、
もうFWでなくてもいいので何とか得点して勝利を !!


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。