ハイレ・ゲブレシラシエが北京五輪のマラソン欠場を表明 ! - 世界記録保持者・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイレ・ゲブレシラシエが北京五輪のマラソン欠場を表明 ! - 世界記録保持者


マラソンの日本代表が発表されたのと同時に、男子マラソンの世界記録保持者の北京五輪マラソン欠場が明らかになりました。問題視されている“大気汚染”が理由だそうです。実力者が実際に行動に出ると、日本人選手は大丈夫なのかと心配になりますね。

男子マラソン世界記録保持者ハイレ・ゲブレシラシエ(34=エチオピア)が10日、
北京五輪同種目への欠場を正式に表明した。

「中国の汚染は自分の健康にとっては脅威。現在の状況では42キロを走るのは難しい」と答えた。
世界の有力選手が、大気汚染を理由に欠場を決断したのはゲブレシラシエが初めて。

メディア等でこれだけ“大気汚染”のことを言われている上に、世界記録保持者が欠場を表明・・・。
素人目に考えても 「マラソンと大気汚染」 は最悪の組み合わせですわね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080311-00000038-spn-spo
■男子マラソンの世界記録保持者、ゲブレシラシエ
同選手は昨年9月のベルリン・マラソン2時間4分26秒の世界記録を樹立し、
今年1月のドバイ・マラソンでも2時間4分53秒で優勝。

ただ、記録よりも勝負重視となる五輪や世界選手権のマラソンにはもともと消極的で、
ぜんそくの持病  を抱えていることもあって北京でのマラソンを断念したものとみられる。

ぜんそくの持病がある人ならなおさら、“大気汚染”が心配されているマラソンへの出場は
慎重になるでしょうね。
それに、ゲブレシラシエ選手は色んな意味で「マラソンのブロ」ですから。


今後はトラックの一万メートルに切り替えて五輪のメダルを目指す。

トラック競技で北京五輪に出場して来ても、地元中国の人は"複雑"な心境になるでしょうね。

マラソン界では女子の世界記録保持者、ポーラ・ラドクリフ(英国)も中国の大気汚染に懸念を示し、
呼吸の障害にならない特殊マスクを着用して練習していると海外のメディアが伝えたことがある。

本当に着用して出場してくれたら、見る側としてはそれはそれで見所ではありますが !?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。