サッカー・Jリーグ、開幕戦で負けた浦和レッズが早くも空中分解 !?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・Jリーグ、開幕戦で負けた浦和レッズが早くも空中分解 !?


サッカー・Jリーグ2008シーズンがいよいよ開幕しました ! 各チームとも良いスタートを切りたい所でしょうが“スタートダッシュ”は難しいんですよね。特に開幕戦は独特の雰囲気がありますし。
案の定 !? 優勝候補の筆頭、浦和レッズが敗れました。相手の横浜マリノスも上位進出を伺うチームですからこういう結果も予想出来ましたが、“ビッグクラブ”浦和レッズだけに早くもオジェック監督への采配批判が出ているとか。


浦和レッズ0-1横浜マリノス
高原は天を仰いだ。後半42分、こん身の右足ミドルはゴールのはるか上。芝に転がり、頭上の空をぼう然と見つめるしかなかった。生命線のポストプレーも終始、相手に読まれ、安定感を欠いた。
「個人の問題もあるけど、サポートが欲しい部分もある」と前線での孤立ぶりを打ち明ける。

だが、そんなエースの苦悩も氷山の一角だった。

高原選手もほとんど見せ場無しに終わってしまいました。
"名のある"代表クラスの選手が多く、良い意味でも悪い意味でも「個性的」ですから、
監督も大変ではあるでしょう。
注目度の高い浦和レッズだけに、少し"上手くいかない"と問題が大きく取り上げられますから。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080309-00000024-spn-spo
■闘莉王「攻撃がしたい」
優勝候補の筆頭、浦和レッズが早くも空中分解の危機に陥った。
2月のグアム合宿から戦術練習と言えば一貫して紅白戦のみ。パスをつなぎ、相手DFを崩すシーンは皆無。
オジェック監督から攻撃参加を自重させられた闘莉王は「やりたいこと?そんなのあった?こんなサッカーじゃ勝てない。オレはもっと攻撃がしたい」。まさに心の叫びだった。

テレビ副音声でゲスト解説していた釜本氏も「闘莉王がカッカして上がってくるよ」と笑っていました !? が
その通りでした。オジェック監督からしたら「闘莉王はDFだろ !」と言いたいでしょうが。


■オジェック采配に疑問も
采配にも ? が集中した。
1点を追う終盤。永井、田中達を投入したが、裏目。「FW4人が横一列になり、スペースがなくなった」と高原。
ある主力は「点が欲しいといって、前線を増やせばいいものなのか」と痛烈に批判した。
結果、自身の首を絞め、後半24分から10人となった横浜マリノスを攻めあぐねた。

見ている方は解り易い作戦ではありますがね。

試合後、オジェック監督は「機能するには6週間かかる」と開き直り、報道陣をあ然とさせた。
次のホーム開幕戦も同じ状況が続けば解任論さえ浮上しかねない。アウェーの開幕戦は2分け7敗、
昨年11月清水戦から4戦無得点の屈辱。
オフに大型補強を成功させた浦和レッズ。期待が大きかった分、失望も小さくない。

日本代表選手の合流遅れなどもあったでしょうが、「あと6週間くれ」的な発言はどうでしょうね。
(でも、浦和レッズの数人は東アジア選手権に参加していなかったような・・・)

浦和レッズのホーム開幕戦は勝利は勿論、試合内容も問われる一戦になりました。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。