サッカー・東アジア選手権、女子日本代表『なでしこジャパン』が初戦で北朝鮮に逆転勝ち !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・東アジア選手権、女子日本代表『なでしこジャパン』が初戦で北朝鮮に逆転勝ち !


なでしこジャパン』の方が気合十分 !? サッカーの東アジア選手権で女子日本代表『なでしこジャパン』がロスタイムでの得点で北朝鮮に劇的勝利を収めました。前日の男子代表の戦いぶりに「気合が足りない」と苦言を呈した川淵会長も満足 !?

サッカーの東アジア選手権第2日は18日、重慶・永川体育センターで女子の試合が開幕し、FIFAランキング11位の日本は同6位の北朝鮮と対戦。

日本代表は終了間際に澤穂希の劇的ゴールで3-2(前半1-1)で勝利した。

女子日本代表が北朝鮮に勝利したのは、2004年4月のアテネ五輪最終予選以来。

前日の男子が"イマイチ"な内容だったので、結果も出した『なでしこジャパン』が逞しく見えます !
女子の場合は北朝鮮の方がランクも上ですからね。
◆ロスタイムに劇的な決勝点

日本は沢穂希らが先発出場。

日本代表は試合開始早々の3分に安藤梢が頭で押し込み先制したが、
その後逆転を許し後半途中で1-2とリードされた。

しかし、後半37分に宮間あやのフリーキックから同点に追いつくと、ロスタイムに沢穂希の放った
クロス気味のシュートがゴールに吸い込まれ、決勝の逆転弾となった。

BSでの中継を見ましたが、澤穂希選手の決勝ゴールは“そこしかない”弾道で
とんでいきました。まさに劇的 !


今大会は昨年12月に佐々木監督が就任してから初の試合で、北京五輪へ重要な強化試合となる。

なでしこジャパン』の佐々木監督は初さい配で格上相手に勝利。
かたや、“岡田ジャパン”の岡田監督は・・・。


女子の東アジア選手権も男子と同じく中国、韓国を合わせた4ヶ国の総当たりで争われ、女子日本代表は21日に韓国、24日に中国と対戦する。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。