Xbox 360の新エントリーモデル『Xbox 360 アーケード』の発売決定 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xbox 360の新エントリーモデル『Xbox 360 アーケード』の発売決定 !


Xbox 360、ユーザー獲得へ新ラインナップを発表 ! マイクロソフトは、新たなエントリーモデルとして『Xbox 360 アーケード』を発売するそうです。HDをオプションとしている他、ワイヤレスコントローラー、メモリーユニット、「Xbox LIVE アーケード」タイトル5本を同梱しています。

マイクロソフトは、3月6日にXbox 360のエントリーモデルの新ラインアップ
Xbox 360 アーケード』を発売すると発表した。

価格は2万7800円(税込)。

コアなファンは多いものの、日本市場では苦戦中のXbox 360
3万円を切る新エントリーモデルでユーザー獲得なるか !?


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000037-zdn_g-game
Xbox 360に新エントリーモデル

Xbox 360 アーケード』は、より多くのユーザーに最先端のエンターテイメントを楽しんでもらえるよう、価格を「Xbox 360 コアシステム」と同じに抑えた。

【特徴】
◎ 本体に1080pのD5映像を出力できるHDMI端子を搭載

◎ ゲームデータなどを保存することができる「Xbox 360 メモリーユニット(256Mバイト)」

◎ 「Xbox LIVE アーケード」のソフトを5タイトル収録した、
 「Xbox LIVE アーケードオムニバス ディスク」を同梱したもの。

◎ 「Xbox 360 コア システム」では、有線のコントローラーを同梱していたが、
 『Xbox 360 アーケード』ではワイヤレス コントローラーを同梱しているのもうれしい。

ソフトを5タイトル収録した「Xbox LIVE アーケード オムニバス ディスク」を同梱しているのが大きいでしょうか。5タイトルのソフトを購入すると合計で3,600マイクロソフトポイントとなるので、非常に“お得感”があると思います。

なお、本パッケージのXbox 360本体には、従来のAV出力に対応するAV端子に加え、
HDMI端子も搭載しているのは上記のとおり。

ハイビジョン出力を利用するには、別売の「Xbox 360 D端子AVケーブル」が、
HDMI出力を利用するには、別売の「Xbox 360 HDMI AVケーブル」が必要となる。

「コアシステム」と同じ価格ながらHDMI端子を搭載ているなど、
エントリーモデルとしては十分な機能を持っています。



◆同梱される「Xbox LIVE アーケード オムニバス ディスク」に収録されている5タイトル
 (通常の販売価格も併記する)

・「フィーディング フレンジー」 (800マイクロソフトポイント)
・「Pac-man Championship Edition」 (800マイクロソフトポイント)
・「Luxor 2」 (800マイクロソフトポイント)
・「UNO」 (400マイクロソフトポイント)
・「Boom Boom Rocket」 (800マイクロソフトポイント)

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。