ハンドボール・“やり直し”北京五輪アジア予選、日本女子は韓国に大敗 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドボール・“やり直し”北京五輪アジア予選、日本女子は韓国に大敗 !


ハンドボール女子日本代表の知名度は上がったでしょうが、この試合で"力不足"な面も知られてしまいました。さすがは五輪でメダル獲得実績の韓国は一枚上手でしたね。

「中東の笛」と呼ばれる疑惑の判定を理由にやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選の女子日本代表VS女子韓国代表は29日夜、東京・国立代々木競技場で行われた。

試合は女子韓国代表が34-21と大差で女子日本代表を破り、北京五輪出場を決めた。

実力通りと言えばそうですが、マスコミや周囲の盛り上がりに反する大敗。しかも試合開始早々から大量リードを許す展開ということでもう少し粘って欲しかっですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080129-00000961-san-spo
ハンドボール女子日本代表、一度も追い付けず

女子日本は攻守にミスが出て、韓国に6連続得点を許す苦しい立ち上がり。
13分からは谷口(ドイツ・リーザ)らのゴールで4点差まで追い上げたが、
韓国の固い守備にペースをつかみきれないまま、前半を終えた。

後半もペースをつかめず、韓国に一度も追いつくことはなかった。

実力上位の韓国を相手にして試合開始早々の立ち上がりで、
点差を付けられては勝つのは非常に厳しいでしょう。


国際ハンドボール連盟(IHF)は29日、同競技場で会見し、北京五輪アジア予選の敗者は世界最終予選(女子3月開幕、男子5月開幕)に回るとの見解を改めて示した。
女子日本代表は3月に北京五輪への切符をかけ、最後の戦いに臨む。

まぁ、日本としては“元鞘”に戻った形ですが、世界最終予選で何とかがんばってもらいてましょう。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。