『ヤッターマン』、実写化映画のドロンジョ役に深田恭子 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヤッターマン』、実写化映画のドロンジョ役に深田恭子 !


ヤッターマン』ブーム到来 !? TVアニメの復活や実写映画化など再び注目されている『ヤッターマン』。TVアニメは分かりますが、実写化されるという映画はちょっと“怖い”気もしますが、主役以上に重要な役どころといえる「ドロンボー一味」のキャストが発表されました。

1970年代に放送された人気アニメを実写映画化する『ヤッターマン』(監督三池崇史、09年春公開)で、悪党の「ドロンボー一味」のキャストが発表された。

ヤッターマン1号と2号は"嵐"の櫻井翔と福田沙紀が演じる。

アニメ『ヤッターマン』では最も重要な“キャラ”である「ドロンボー一味」ですから、
注目ではあります。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080115-00000047-spn-ent
■注目の"ドロンジョ"役に深田恭子

発表された「ドロンボー一味」のキャストは
"ドロンジョ"役に女優の深田恭子、"ボヤッキー"役に俳優・生瀬勝久
"トンズラー役にお笑い芸人のケンドー・コバヤシ

大きな仮面に大胆なコスチュームはお色気系。アニメ版では“ポロリ”もあったことから、深田恭子もテレビ朝日のドラマ「富豪刑事」シリーズなどで定着した愛らしい天然キャラから、どこまでセクシー路線に迫れるか注目だ。

深田恭子の"ドロンジョ"...何かイメージわきませんが、三池崇史監督がどのように仕上げてくるのか、楽しみにしましょう。

深田恭子が「セクシーな部分は色っぽく、3人のコミカルな部分はアニメのイメージを壊さない感じで演じたい」と意気込む。

生瀬勝久は「ドロンジョ様のためなら火の中、水の中! お楽しみに!」とノリノリ。

ケンドー・コバヤシは「不思議とドクロストーンが欲しくてたまりません。うれしいです!」とマニアックに抱負を語った。

3人が上手く絡むことが出来たら面白い“コント”ができそうですが !?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。