サッカー、深刻なDF不足のアーセナル・ベンゲル監督「こうなったら私がプレーするしか...」 !?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー、深刻なDF不足のアーセナル・ベンゲル監督「こうなったら私がプレーするしか...」 !?


アーセナルが人員不足 !? イングランド・プレミアリーグで首位にたつチームの監督も悩みはあるようです。しかも、プレーする選手が不足だというのですから。
冗談での発言とはいえ、こういう発言が出るあたりはけっこう悩みが深いのかもしれませんね。


サッカー・プレミアリーグの首位を走るアーセナルが深刻な人員不足に悩まされている。

9日に行なわれたリーグカップのトッテナム戦を1-1の引き分けで終えたアーセナルだが、ロビン・ファン・ペルシ、セオ・ウォルコット、ヨハン・ジュルー、フィリップ・センデロス、バカリ・サーニャの5選手が試合中に負傷。

さらに、 20日開幕のアフリカ・ネーションズカップに出場するため、コロ・トゥーレ、エマヌエル・エブエ、アレクサンドレ・ソングの3選手もすでにチームを離れており、
チーム編成に大きな問題を抱えている。

過密日程などの影響による選手のケガも問題ですが、アーセナルのように多国籍なチームは、選手それぞれの国の事情もありますから大変ではあります。
まぁ、獲得時に分かっていたことですが。
■ベンゲル監督が試合に!?
この状況に指揮官のアーセン・ベンゲル監督は、同時に多くの選手が離脱した守備陣への不安を吐露。12日のバーミンガム戦でのメンバー構成についてジョークを交えながら次のように語っている。

「アフリカ・ネーションズカップで抜けた3人を合わせると、我々は2日で7選手を失ったことになる。特にセンターバックに大きな問題が生じている。こうなったら私がプレーするしかないね…」

冗談発言ですが、2日で7人離脱は本当に“痛い”でしょう。

一方、戦線復帰したばかりで再び負傷したファン・ペルシについては軽症の可能性が高く、「2日ほどで練習に復帰できる可能性もある」と語ったベンゲル監督。

リーグ戦も中盤戦を迎える中、守備陣の選手層が覇権奪回へのアキレス腱ともなりかねないだけに、今冬の移籍マーケットで急遽補強に動く可能性もありそうだ。

アーセナルほどのチームなら、補強で"良い選手"が補えるでしょうが。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。