サッカー天皇杯、鹿島アントラーズが優勝 - 7大会ぶり3度目・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー天皇杯、鹿島アントラーズが優勝 - 7大会ぶり3度目


サッカー、第87回天皇杯を制したのは鹿島アントラーズ !! "派手さ"ではクラブワールドカップに出場した浦和レッズでしょうが、リーグ戦に続く優勝で今季2冠を達成と、年間を通して強かったのは鹿島アントラーズの方かもしれませんね。

サッカーの第87回天皇杯全日本選手権は1日、東京・国立競技場に4万6357人の観衆を集めて決勝を行い、鹿島アントラーズ(J1)が広島(J1)を2-0で降し、7年ぶり3度目の優勝を果たした。

鹿島アントラーズはJ1リーグ戦に続き2冠を達成。
リーグ年間王者、ナビスコカップも合わせると、通算11タイトル目を獲得した。

リーグ戦の最後数試合辺りからは「強い」と感じさせる戦いぶりでした。
ちょっと前の“強かった”鹿島アントラーズに戻ってきた様ですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000042-mai-socc
鹿島アントラーズが攻守に上回る

鹿島アントラーズは立ち上がりから主導権を握り、前半8分にDF内田篤人のゴールで先制。
後半ロスタイムにはMFダニーロの得点でだめを押した。

J2降格の決まった広島は前身の東洋工業時代以来、38年ぶりの優勝を目指したが及ばなかった。

終わって見ると、柏木選手を出場停止で欠いたのが広島としては痛かったということでしょうか。

Jリーグと天皇杯の優勝チームが対戦する3月1日のゼロックススーパーカップ(東京・国立競技場)は、2冠の鹿島アントラーズと、天皇杯準優勝の広島が対戦する。

仕方がないことですが、リーグ、天皇杯を勝った鹿島アントラーズ
J2降格チームが"スーパーカップ"を戦う。
しかも、天皇杯決勝と同一カード。どうですかね、これは...


鹿島アントラーズ・オリベイラ監督コメント
「選手、スタッフ、サポーターが一体感を持ってやってきた成果が出た。広島もすばらしい選手がそろっており、我々の勝利の価値を高めてくれた。」

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。