C・ロナウド、来シーズンはレアル・マドリーでプレー !?・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C・ロナウド、来シーズンはレアル・マドリーでプレー !?


サッカー・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド所属でポルトガル代表でもあるC・ロナウド選手が、来シーズンからレアル・マドリーでプレーすると発言 !? というニュース。
スペイン紙の報道なのでレアル・マドリー寄りではあるでしょうが、
本当なら来夏の移籍市場一番の注目となることでしょう。


バロンドール2位、FIFAワールドプレイヤー3位、そしてフランスの“レキップ”紙が選ぶベスト・イレブンにも選ばれ波に乗るマンチェスター・ユナイテッド所属のポルトガル代表MFクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリー行きをすでに視野に入れているようだ。

彼の気持ちは決まっており、11月末にオビドスで行われたポルトガル代表合宿でもチームメイトに明言したとスペイン紙“アス”が報じている。

大きいクラブから大きいクラブへの移籍ですし、又“大きな移籍金”が動きそうですよ !
■C・ロナウドが爆弾宣言
滞在先のホテルで代表のチームメイトらとヨーロッパのリーグで最も調子のいいチームについて話していた時のこと、C・ロナウドが爆弾宣言。
「来シーズン、僕はレアル・マドリーでプレーするだろうね」。

仲間内とはいえ、シーズン中にこのような発言しちゃいますかね !?

■カギは"違約金"
マンチェスター・ユナイテッドとの新契約では、彼の違約金は7000万ユーロ(約115億円)以上になっている。まずは双方が合意することで、この莫大な違約金を支払わなくてすむ。
同じポルトガル代表のMFナニのブレイクにより、チーム内でのメディア的な重みが軽くなってきており、他の交渉もふまえ、マンチェスター・ユナイテッドは6000万ユーロ(約99億円)辺りから交渉を始めるのではと予想される。いずれにしても破格の値段であるが…。

チーム内のポルトガル代表選手の"おかげ"で移籍しやすくなるとは、何とも複雑...

C・ロナウドの代理人ジョルジュ・メンデス氏は、すでにレアル・マドリーとコンタクトをとっており、マンチェスター・ユナイテッドと話すためシーズンの終わりを待っているところだという。
クリスティアーノは、ユナイテッドをとても気に入っている。だが、彼にとってもレアル・マドリーにとっても絶好のチャンスだ」とコメント。

数日前にもレアル・マドリーが来夏にもC・ロナウド獲得に動くと報じられたばかり。
選手の意思がカギになるとすれば、C・ロナウドレアル・マドリーは相思相愛。
移籍金の額がポイントとなるだろうが、22歳という年齢から今後数年間は現在のパフォーマンスを維持できると考えれば、レアル・マドリーにとっては妥当な額の投資と言えるのかもしれない。

スペイン新の報道ですから、「レアル・マドリーならこれぐらいの金額なら出せる。だから、スペインにいらっしゃい。」という感じですがそれにしても“額”が大きすぎます !?

来夏一番の注目となるであろうこの移籍話は果たして...?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。