サッカー・クラブワールドカップ、ボカ・ジュニアーズが決勝進出 !・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・クラブワールドカップ、ボカ・ジュニアーズが決勝進出 !


クラブワールドカップ(W杯)第4日、南米王者のボカ・ジュニアーズがいよいよ登場 ! 準決勝でエトワール・サヘルと対戦しました。
前身のトヨタカップからこの大会に“強さ”を見せる南米勢が今大会も決勝の舞台に予定通り進むのでしょうか !?


サッカーのクラブ世界一決定戦、トヨタFIFAクラブワールドカップ(W杯)は12日、東京・国立競技場で準決勝1試合があり、南米代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)とアフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア) が対戦した。

試合は1-0でボカ・ジュニアーズが勝利し、16日の決勝進出を決めた。

決勝の相手は浦和レッズ-ACミラン(イタリア)の勝者。

実力的にはボカ・ジュニアーズの方が上ではあるでしょうが、短期決戦の大会は"勢い"など予想できない所があります。
1つ勝っているエトワール・サヘルがもしや...とも思いましたが、さすがは南米王者のボカ・ジュニアーズ ! 試合巧者です。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000007-maip-socc
■高い精度のパス回し、巧みな試合運びのボカ・ジュニアーズ

ボカ・ジュニアーズが前半から優位に試合を進めた。
互いに無得点でハーフタイムを迎えるかと思われた前半37分、ボカ・ジュニアーズに待望の先制点が生まれた。
ゴール左からのカルドソのゴールを演出したのは、チームが誇る強力2トップのパレルモとパラシオ。

高い精度のパス回しで相手の堅守の裏を突いた。

警戒される中で、しっかり先制点を奪える辺りは凄いですよね。

エトワール・サヘルも後半6分、左FKにゲザルが頭で合わせたが、ボールは惜しくも枠の外。

ボカ・ジュニアーズは後半20分、バルガスが2枚目の警告で退場し、1人少なくなったが、攻めの姿勢を最後まで貫いたことが功を奏し、リードを守り切った。

数的不利を感じさせない巧みな試合運びは南米勢の得意とする所か !?

ボカ・ジュニアーズ・ルッソ監督コメント
「手ごわい相手だったが、力は出したし、試合には満足している。決勝はもう少しリズム良くプレーしたい。」

決勝でも“勝負強さ”を見せるか !?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。