サッカー・欧州チャンピオンズリーグ、セルティックがD組2位へ浮上!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・欧州チャンピオンズリーグ、セルティックがD組2位へ浮上!


中村俊輔選手が所属するセルティックがD組2位へ浮上 !
司令塔の中村俊輔選手は左ひざのケガのため欠場しましたが、シャフタル・ドネツクに後半ロスタイムの得点で劇的な逆転勝利を収めたセルティック。決勝トーナメント進出も見えてきました。


サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は11月28日、英国グラスゴーなどで1次リーグA-D組の8試合を行い、D組で中村俊輔の所属するセルティック(スコットランド)はホームでシャフタル・ドネツク(ウクライナ)と対戦。

ロスタイムでの得点でセルティックが2-1の勝利 !

これでセルティックは通算3勝2敗の勝ち点9でD組単独2位に浮上した。

D組のもう一試合は、大会2連覇を狙うACミラン(イタリア)が1-1でベンフィカ(ポルトガル)と引き分け、勝ち点を10として16チームによる決勝トーナメント進出を決めた。

セルティックのグループリーグ突破は厳しいかなと思っていましたが、第4、第5節と連勝したことによって単独2位へ浮上しました。これは、2季連続の決勝トーナメント進出が見えてきました !!
■欠場の中村俊輔もビックリ、執念のロスタイム弾
左ひざ故障のためスタンドで観戦した中村俊輔は、混乱を避けて試合終了直前に席を立ったという。だが果たしてこんな結末を予想していただろうか。
司令塔を欠くセルティックが、後半ロスタイムに執念の決勝ゴールを挙げ、2季連続の決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

この結果はファンも大騒ぎでしょうから、試合終了直前に席を立ったのは"正解"でしたね !?

前半4分に手痛い先制点を奪われ、引いて守るシャフタル・ドネツクを攻めあぐねた。いらだつ地元ファンからも罵声が浴びせられたが、逆転への転機は相手のミスから訪れた。
前半終了間際、右からゴール前に上がったボールを相手DF2人が処理しようと交錯。がら空きの左サイドからヤロシークがけり込んだ。

後半もしつこい攻撃で消耗させ、途中出場のドナティが土壇場で右クロスを押し込んだ。

司令塔の中村俊輔選手も欠場中ですし、セルティックとしてはこういう“泥臭い”勝ち方になるでしょう。

セルティックの1次リーグ最終戦はアウエーでACミランと対戦する。

最終戦がアウエーでのACミラン戦と厳しい面もありますが、なんとかセルティックに欧州チャンピオンズリーグの決勝トーナメントに進んでもらいたいです。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。