バレーボールW杯、日本がスペインに敗れ5敗目 - 五輪出場権獲得の可能性消える...・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールW杯、日本がスペインに敗れ5敗目 - 五輪出場権獲得の可能性消える...


バレーボールのW杯(ワールドカップ)の男子大会第8日、日本はスベインと対戦しました。
結果が出ていないこともありますが、悪い流れになっているバレーボール全日本男子チーム。何か明るい兆しを見つけたい所です。


バレーボールのW杯(ワールドカップ)男子大会第8日は27日、マリンメッセ福岡などで6試合が行われ、日本はスペインと対戦。

第1セットを奪ったものの、その後の3セットを立て続けに奪われて1-3で敗れた。

これで通算成績は3勝5敗となり、3試合を残してバレーボール全日本男子チームへの今大会上位3チームに与えられる五輪出場権獲得の可能性が消えた。

上位国は2大会ぶりの優勝を狙うロシアが負けなしの8連勝で首位をキープ。
アテネ五輪覇者のブラジルが7勝目(1敗)を挙げ、ブルガリアと米国が6勝2敗で続く。

1セット取っただけでも健闘でしょうか !?
バレーボール世界ランクは10位と24位で日本の方が上なんですがね...
■第1セットを日本が先取するも...
日本はセンターからの攻撃が有効で第1セットを競り勝ったが、その勢いは続かなかった。

第2セット以降は相手の強打に力負け。 何度も選手を入れ替えて打開を図ったが実らず、欧州選手権を制したスペインの強打に押し切られた。

第2セットからは日本の得点が20まで行かないですからね。第1セット取られたスペインが"マジ”になったでしょうか !?

■植田辰哉監督コメント
「1セット目の後半からジャンプフローターで崩され、2セット目にも引きずったまま入ってしまった。」

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。