バレーボールW杯・男子大会開幕 ! 日本はチュニジアに敗れ黒星スタート・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールW杯・男子大会開幕 ! 日本はチュニジアに敗れ黒星スタート


バレーボールのW杯(ワールドカップ)の男子大会は18日、12チームが出場して開幕。女子の北京五輪出場権獲得がならなかったので男子に期待したい所ですが...

バレーボールのW杯(ワールドカップ)男子大第1日は18日、さいたまスーパーアリーナなどで6試合が行われ、日本はチュニジアと対戦。

前回9位からの上位進出を目指す日本はアフリカ選手権2位のチュニジアに2-3で敗れ、いきなり黒星を喫した。

他では昨年11~12月の世界選手権で2連覇を飾ったブラジルは米国にストレートで敗れる波乱。
04年アテネ五輪銅のロシアはアルゼンチンに順当勝ちした。

いきなりコケましたか...。バレーボールは人気面で女子に押され気味ですから、男子は“結果”でアピールしたい所でしたが黒星スタートは辛いですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000084-mai-spo
清水邦広の強打で勢いに乗った日本は第1セットを先取し、第3セットも要所で石島雄介が巧打を決めた。
しかし最終セットは14-12とマッチポイントを握りながら逆転されて敗れた。

実力的に楽に勝てる相手のいない日本は、接戦を落とすようではいけませんよね。競った戦いなったらむしろ日本のチャンスですよ !

■植田辰哉監督コメント
「開幕前からどのチームと当たっても難しいゲームになるだろうと、予測しながら今日の初戦を迎えた。(北京五輪出場権が懸かる)3位以内が目標である以上は、初戦のチュニジア戦に負けたからといって(落ち込むのではなく)、北京を目指すのであれば反省して、早くあすに切り替えなければならない。
選手にも話したが、今日の試合に関してはセッターとセンターの交代がうまく行けば勝っていたので、監督の采配ミスが敗因。」

監督自らの采配ミスに言及するあたり、何とかチームを引っ張ろうとしている感じを受けます。選手達がその気持ちに応えてくれるといいのですが。

まだ、大会は始まったばかり。次の試合でしっかり“日本のバレーボール”を見せてもらいましょう。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。