サッカー・U-22日本代表に久々の朗報、MF柏木陽介が合流!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-22日本代表に久々の朗報、MF柏木陽介が合流!


サッカー・U-22日本代表は、北京五輪アジア最終予選で“絶対に負けられない戦い”となる残り2戦に望みます。
この所、U-22日本代表はケガ人など暗いニュースが多かったですが、久々に明るいニュースが!


08年北京五輪アジア最終予選ベトナム戦(17日、ハノイ)に臨むU-22日本代表が13日、ハノイ市内で現地入り後の初練習を行った。

両脚付け根の痛みで別メニュー調整を続けていたMF柏木陽介(19=広島)が全体練習に合流。
戦術練習ではトップ下とボランチの位置で軽快な動きを見せ、復活をアピールした。

グループでカタールに首位の座を譲り2位に後退と苦しい戦いになっていますから、チームの力となる選手の復活は朗報ですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000023-spn-spo
約2時間のハードな練習を終えた柏木陽介は「もう痛みはない。少し違和感があるけど、思ったより状態はかなりいい」と明るい表情を見せた。

11日の清水戦で両脚付け根に痛みが走り、途中交代。12日の出発前練習ではランニングすらせずに見学。合流はベトナム戦の直前と思われたが、予想をはるかに上回るペースで回復した。

まだ"完全復活"とまではいかないでしょうが、本人も試合に出たい気持ちが強いいんでしょう。

この日の戦術練習では本来のトップ下だけではなく、ボランチでもプレー。
負傷で梶山、本田拓の主力2人を欠くボランチを埋める存在として期待は大きい。「今後の調整はドクターと話し合って決めるけど問題ないと思う」

ここまでの最終予選全5試合に出場している背番号17の復帰は、安田の負傷離脱など暗い話題が続くサッカー・U-22日本代表“反町ジャパン”にとって久々の明るいニュースとなった。

残り2戦は得失点差もあるので、勝利かつできるだけの得点が必要でしょうからできる選手はどんどんやるしかありません!!

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。