バレーボールW杯、“柳本ジャパン”誤算の初黒星! - セルビアに敗れる・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボールW杯、“柳本ジャパン”誤算の初黒星! - セルビアに敗れる


バレーボールのW杯(ワールドカップ)の3日目、日本は欧州選手権2位のセルビアと対戦。相手は昨年の世界選手権で逆転勝利を収めた相手ではあるものの、高さのある強豪。序盤のヤマ場となる試合です。

バレーボールのW杯(ワールドカップ)女子大会第3日は4日、東京体育館などで6試合が行われ、日本はセルビアに1-3で敗れ、通算2勝1敗となった。セルビアは3連勝。

昨年の世界選手権で逆転勝利を収めた相手だったが、生命線のサーブレシーブを崩され、ミラクル再現ならず。

今大会唯一出番のなかった大山加奈(23)=東レ=が出場し、アテネ五輪以来の“メグカナ”そろい踏みが実現したものの、星勘定の上では、痛い1敗となった。

セルビアも高さがる強豪チームとはいえ、北京五輪出場権獲得の3位以内を考えると勝っておきたい相手でした。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000082-sph-spo
■今大会序盤のヤマ場で、“柳本ジャパン”痛い敗戦
今大会、序盤のヤマ場は“想定外”の負けに終わった。最後までボールに粘り強く食らいついたが、効果的に攻撃につなげられなかった。

第1、第2セットはセルビアの強いサーブに苦しみ、レシーブがセッター竹下佳江に返らず、持ち前の多彩な攻撃につなげなかった。得点源の高橋みゆきは徹底マークで封殺された。
前回は休憩時間で相手が集中力を切らし、大逆転した第3セットは、相手がミスを連発し、前回対戦と同じように日本が取った。
だが、今度は勝ち切れなかった。一時は7点リードし、ペースをつかんでいた第4セットも、最後は強いサーブにやられた。

第1、第2セットに"エンジン"がかからないのは、“柳本ジャパン”らしい所!?でしたが、追い上げて勢いに乗ったはずの第4セット終盤は...

■柳本晶一監督のコメント
「セルビアはサーブで崩して、速いバレーをさせない戦法で来ると予想していたが、その通りの攻め方をされた。最後のいいところで、サーブレシーブが崩れてしまったのが敗因ではないかと思う。今日は負けたが課題は明確に出たと思うので、メンタル的なところも含めて前向きに修正していきたい」

サーブレシーブの問題って“柳本ジャパン”が以前から課題にしてませんか!?
種目が違いますがサッカーの代表監督なら、ここ数年の“柳本ジャパン”の結果では解任報道が出ているでしょうね。バレーボールはどうなんでしょう?

まぁ、終わったことは仕方ない。次戦から連勝でお願いします!


次戦は移動日を挟み、6日にタイと対戦する。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。