サンリオ、ハローキティの顔をした『ハローキティフェイス形デジタルカメラ』を発売!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンリオ、ハローキティの顔をした『ハローキティフェイス形デジタルカメラ』を発売!


ハローキティフェイス形デジタルカメラ』はその名の通り、ハローキティの顔をそのままデジタルカメラにしたという製品です。

サンリオは、ハローキティの顔の形をした『ハローキティフェイス形デジタルカメラ』を11月28日より販売開始すると発表した。

サイズは85(幅)×71(高さ)×25(厚さ)ミリ、80グラム。

価格は2万6040円。

デジタルカメラ本体がそのままハローキティの顔の形になっているという、大胆とも言えるフォルムです。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000075-zdn_lp-sci
■『ハローキティフェイス形デジタルカメラ』の各部は?
名前の通りハローキティの顔がそのままデジタルカメラになっており、耳のリボンの中央部分にレンズ、リボンの結び目のくぼみにストロボが設けられている。
シャッターを押すとハローキティのほおが赤く光るギミックも用意。

上手いことハローキティの顔が使われていますね!?

デジタルカメラとしての性能
撮像素子は有効500万画素で、背面には2型液晶モニターを搭載。デジタルズーム(4倍)と手ブレ補正機能も備えている。
記録メディアはSDメモリーカードで、32Mバイトのメモリも内蔵する。
背面の液晶には起動時、ハローキティをデザインしたオリジナル画面が映し出される。

けして高性能というわけではありませんが、ハローキティを持ち歩き気軽に撮影するには十分でしょう。

電源は単四形アルカリ乾電池2本となっている。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。