『X JAPAN』、映画「SAW 4」のテーマ演奏で10年ぶりの復活!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『X JAPAN』、映画「SAW 4」のテーマ演奏で10年ぶりの復活!


X JAPAN』再結成が先日発表されましたが、人気ハリウッド映画シリーズ「SAW 4」のテーマ曲として制作された新曲「I.V.」のプロモーションビデオ撮影で約10年ぶりにメンバーが顔をそろえました。会場周辺に集まったファンはパニック寸前だったとか...。

97年に解散した伝説のロックバンド『X JAPAN』のYOSHIKI(41)らメンバー4人が10月22日、約10年ぶりに顔をそろえた。東京・台場のAQUA CITY屋上で“全世界デビュー曲”「I.V.」のプロモーションビデオの撮影を行ったもの。

98年5月2日に死去したHIDEさん(享年33)を除くTOSHI(42)、PATA(41)、HEATH(39)が、97年12月31日の紅白歌合戦以来、集結し、ファンに向けてメンバー自らがメッセージを伝えた。

色々な意味で“伝説のバンド”『X JAPAN』が再び始動! 10年の歳月で『X JAPAN』及びファンがどのように変わったのか、又は変わってないのか、気になる所です。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000025-dal-ent
■映画「SAW 4」テーマ曲で“世界デビュー”
新曲「I.V.」はハリウッド映画の大ヒット作シリーズ「SAW 4」のテーマ曲。
今年7月にロサンゼルス在住のYOSHIKIがオファーを受け、数あるプロジェクトの中から『X JAPAN』を選択。自身が作詞・作曲・プロデューサーを務めて、この夏から秋にかけて日本でレコーディングを行った。

大看板『X JAPAN』の再結成に見合うだけのプロジェクトでないと、何か寂しい感じがするので、映画「SAW 4」テーマ曲というのは良いのではないでしょうか。

映画は10月27日の全米を皮切りに全世界で公開(日本は11月17日)。そのため、歌詞はすべて英語とし、TOSHIのボーカルレコーディングにはYOSHIKI自身が立ち会って英語指導に当たったという。PATA、HEATHの音はもちろん、亡くなったHIDEさんの未発表のギター音もサンプリング。世界デビュー曲は、“5人”そろった『X JAPAN』によって完成した。

解散前にも“世界デビュー”などと話題になったことがあったと思いますが、今回は映画のテーマ曲と手堅い作戦に出ましたね!?

この日のプロモーションビデオ撮影は演奏シーンを中心に、ラストで約6トンの水をメンバーが浴びた。総費用は約4200万円、撮影スタッフ350人、カメラ10台を使ったハデなものだが、実はCDのリリースは未定。ファンの手元に届くのは、まだ先のことになる。

映画「SAW 4」の観客動員数もテーマ曲のCD発売には関係するのかも!?

会場周辺には4人が顔をそろえるという情報を聞きつけ、ファンが続々集結。そこで会場近隣の「お台場海浜公園中央駐車場」にモニター2台を設置し、撮影の模様を公開したが、最終的にファン数は約5000人に膨らんだ。今後は来春にコンサート(詳細未定)も行う予定だ。

約10年のブランクがあっても熱心なファンが多いのが『X JAPAN』の強みですね。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。