マイクロソフト、『Xbox 360』の価格改定を発表! - ソフト2本付きバリュー パックも・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフト、『Xbox 360』の価格改定を発表! - ソフト2本付きバリュー パックも


Xbox 360』の価格改定をマイクロソフトが発表しました。標準モデルが4995円値下げされ3万4800円に、「コア システム」も2万7800円に値下げされます。さらに、ソフト2本同封の「バリュー パック」も改定価格での期間限定生産が発売されました。

マイクロソフトは11月1日から、『Xbox 360』の標準モデルを4995円値下げし、3万4800円にする。
『Xbox 360』に2本のソフトを同梱したパッケージ「バリューパック」も、ハード単体と同じ3万4800円で、同日から期間限定で販売する。

「バリューパック」は、育成シミュレーション「あつまれ!ピニャータ」と、レーシングゲーム「Forza Motorsport 2」付き。1月ごろまで限定販売される予定。

任天堂の“Wii”独走する中、ソニーの“プレイステーション 3”も値下げを発表するなどゲーム各社の"生き残り"競争が激しくなっています。
■廉価版も値下げへ
HDDなどを省いた廉価版も値下げする。RPG「ブルードラゴン」をセットにした廉価版「Xbox 360 コアシステム ブルードラゴンパック」を2000円値下げし、2万7800円とする。

廉価版の「コアシステム」まで値下げ対象に入っている所からしても、マイクロソフトが『Xbox 360』を何とかしたいという気持ちが見られますね。

なお、「バリュー パック」の本体には従来のAV出力に対応するAV端子に加え、上位モデルの『Xbox 360』エリートにのみ搭載されているHDMI端子を装備する。(HDMI出力を利用するには、別売の「Xbox 360 HDMI AV ケーブル」が必要)

ゲーム機本体の価格も大事なのですが、ソフトの質と量も検討するべき部分では!?と感じます。

(引用:ITmedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。