福山雅治・柴咲コウ主演“月9”ドラマ「ガリレオ」の主題歌で注目『KOH+』・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山雅治・柴咲コウ主演“月9”ドラマ「ガリレオ」の主題歌で注目『KOH+』


福山雅治柴咲コウ主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「ガリレオ」で、内容と共に注目したいのが主題歌を歌う『KOH+』ではないでしょうか。福山雅治柴咲コウを中心とするプロジェクトということですが、二人は音楽活動でも実績があるので期待が持てますね。

10月15日よりフジテレビ系“月9”枠で放送開始となる、福山雅治柴咲コウ主演のドラマ「ガリレオ」。

直木賞作家・東野圭吾の短編小説集「探偵ガリレオ」「予知夢」を原作に、福山雅治演じる天才物理学者“探偵ガリレオ”こと湯川学が、柴咲コウ演じる直情的で正義感に燃える熱血新米刑事・内海薫とコンビを組み、超常現象に近い不可解な事件を解明していくというストーリー。

人気俳優二人のドラマですし、いい具合にはまればヒットしそうですが...
■ドラマ「ガリレオ」の主題歌にも注目!
ドラマ主題歌「KISSして」を歌うのは、福山雅治柴咲コウを中心とするプロジェクト『KOH+(コープラス)』。
作詞・作曲・プロデュースを福山雅治が手掛け、柴咲コウがボーカルを務める。プロジェクト名は柴崎コウの参加決定を受けて、福山雅治が響きで選んだという。

KOH+(コープラス)』と「ガリレオ」らしい難しい読み方です!?

同曲の歌詞は、柴崎コウ演じる“真っ直ぐすぎるが故にぶつかりやすい、けれど一生懸命な所が支えてあげたくなるような女の子”薫をイメージして書いたと福山雅治は語る。
対する柴崎コウも「福山さんの色に染められました。レコーディングも気負わずやらせてもらい、とても歌いやすかったです。」と福山雅治とのコラボレーションについて述べている。

また福山雅治は、ドラマの音楽プロデューサーとして主題歌の他に、劇中に流れるインストルメンタルのメインテーマ制作にも初挑戦している。

このとひろの福山雅治さんは、色々な方面でマルチな才能を発揮していますね。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。