サッカー・フランス代表のアンリ選手が“将軍”プラティニに並ぶ!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・フランス代表のアンリ選手が“将軍”プラティニに並ぶ!


ティエリ・アンリ選手がユーロ2008予選のフランス対フェロー諸島戦にてゴールを挙げ、“将軍”ミシェル・プラティニ氏の持つフランス歴代最多得点記録に並びました。
クラブチームでの活躍の方が大きい印象がありますが、フランス代表としてもしっかり数字を残しているのは流石です。


サッカー・ユーロ2008予選グループB、対フェロー諸島戦で0-6と大勝したフランス代表。
この試合の8分に1ゴールをマークしたティエリ・アンリ(バルセロナ)が“将軍”ミシェル・プラティニ氏の持つ偉大な記録、フランス歴代最多得点41に並んだ。「あまりにも素晴らしいことだし、夢を見せられているようだ」。アンリは試合後そう喜びを語った。

サッカー・フランス代表として、今やUEFA会長でもあるプラティニ氏の記録に並んだのですから、アンリ選手もそれは嬉しいでしょう。
■自身の記録よりフランス代表の勝利
とはいえ、アンリがフェロー諸島戦で最も気にしていたのは自身のゴールではなく、勝利だと明かしている。「世界ベストチームとは言えないが、移動でのトラブルでフェロー諸島には試合開始少し前に着いたんだ。だから、結果が何より大事だったんだ」とコメント。
「フランスは、攻撃ラインでの世代交代を試している」としたアンリは、フェロー諸島戦でゴールを決めたカリム・ベンゼマとベン・アルファを祝福した。

実力的にフランスとフェロー諸島では多少のトラブルは関係無いほどでしょうが、ユーロ2008の予選で下手な試合は出来ない所ですからね。

1995年10月11日、南アフリカ戦で代表デビューを飾ったアンリはこれまで95試合に出場している。

■“将軍”ミシェル・プラティニ
現UEFA会長のプラティニ氏は、1977~87年までの10年間で72試合に出場。歴代最多得点記録は86年6月21日、メキシコW杯準々決勝、対ブラジル戦で作られ、これがプラティニ氏の代表での最後のゴールともなった。フランスは、PK戦の末ブラジルに勝利したものの、準決勝ではドイツに破れた。

72試合で41得点とは凄い! そすが“将軍”プラティニ!!

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。