カプコン、人気ゲーム『モンスターハンター3』をPS3から任天堂「Wii」へ転換!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプコン、人気ゲーム『モンスターハンター3』をPS3から任天堂「Wii」へ転換!


任天堂「Wii」へ“大物”が移籍を発表!? カプコンが人気ゲーム『モンスターハンター3』を任天堂の「Wii」向けに転換することを発表しました。廉価版新モデルや現行2機種の値下げを発売を発表したばかりのPS3陣営にとっては痛い戦力ダウンとなりそうです。

あの人気ゲームソフトも任天堂へ移籍…。
カプコンが、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の据え置き型ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」向けに開発を進めていた「モンスターハンター3(トライ)」を、任天堂の「Wii」向けに転換することを発表した。

う~ん、年末商戦に向けて廉価版の発売など巻き返しを図っていたPS3ですが...
“ゲーム”を楽しむなら「Wii」の方が入りやすいという感じは受けるのは確かですが。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000932-san-ind
■PS3から「Wii」へ
モンスターハンター』シリーズは、全世界で累計450万本以上(07年9月30日時点)を出荷する人気ハンティングアクションゲームで、学生を中心に支持を集めている。
カプコンは「Wiiの特性を活かし、これまでにない次世代のモンスターハンターを創造するべく、鋭意開発を進めている。新しい魅力を付加することで、シリーズのファンのみならず、幅広いユーザー層に訴求していく」としている。

Wii」独特の操作性などは、新たなユーザー獲得へのアピールにもなりますからね。

■PS3陣営に衝撃
PS3は、高い価格やソフト不足が原因で販売不振が続いており、ソフト会社では依然としてPS3向けにソフトを開発することに慎重な動きがある。
スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト9」に続く今回の離脱は、年末商戦を見据えた廉価版PS3の投入で巻き返しを図りたいSCEにとって大きな打撃となりそうだ。

根本にあるのは、ゲーム機としてPS3よりも任天堂「Wii」の方が売れているということでしょう。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。