『プレイステーション 3』値下げへ! - 汎用性を落とした40Gモデルも追加!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プレイステーション 3』値下げへ! - 汎用性を落とした40Gモデルも追加!


プレイステーション 3』の値下げがソニー・コンピュータエンタテインメントより発表されました。また、40GバイトのHDDを搭載した『プレイステーション 3』(CECHH00シリーズ)が追加・発売になります。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、家庭用ゲーム機『プレイステーション 3』の新モデルを11月11日から3万9980円で発売することを明らかにした。

外形寸法は約325(幅)×98(高さ)×274(奥行き)ミリ(突起物含まず、重さは約4.4キロ。

現行機らもハードディスク容量20GB版を4万4980円、60GB版を5万4980円にそれぞれ5000円値下げし、10月17日から売り出す。

プレイステーション 3』も家庭用ゲーム機としては高機能・高価格が過ぎて「Wii」に差をつけられた感があるので、新モデルや値下げは一定の評価は出来ると思いますね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000047-zdn_g-game
■汎用性を落とした低価格な新モデル
新しく発表された『プレイステーション 3』40Gバイトモデルは、従来のクリアブラックに加えて、セラミック・ホワイトも用意される。
現行の20Gバイトモデルより安価になっているが、USB端子が2スロットに変更されているほか、「プレイステーション 1・2」との互換性はないため、同ソフトは動作しない。ただし無線LAN機能は搭載する。

汎用性を落とすことで低価格になっているので仕方ないのですが、「プレイステーション 1・2」のソフトが使えないというのはチョット痛いですね。『プレイステーション 3』の不振の原因の一つはソフト不足とも言われていますから。

また、同日に『プレイステーション 3』専用ワイヤレスコントローラ「DUALSHOCKR3」も、本体色にあわせてブラックおよびセラミック・ホワイトの2色で発売される。価格はそれぞれ5500円(税込)。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
Copyright © ニュース万博 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。