バンダイ、インテリアホビー商品の『SPACEWARP desktop』を発売!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイ、インテリアホビー商品の『SPACEWARP desktop』を発売!


スペースワープ」シリーズの新商品『SPACEWARP desktop』がバンダイから発表されました。同製品は机の上で楽しめるコンパクトサイズを実現。また夜光球の採用でインテリア性が高められています。

バンダイは、インテリアホビー『SPACEWARP desktop』(スペースワープ・デスクトップ)を発表した。
20年の時を経て一昨年に復活を果たした「スペースワープ」の新機軸。机の上で楽しめるコンパクトサイズを実現したほか、夜光球の採用でインテリア性を高めた。

価格は5250円。11月中旬に発売する。

従来品よりもコンパクトになったことで気軽に“SPACEWARP”を楽しむことができますね。また、鉄球の他に夜光球が付属するのもいいです。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000035-zdn_lp-sci
■もっと気軽に“SPACEWARP
SPACEWARP desktop』は、組み立てた状態で380(幅)×232(高さ)×150(奥行き)ミリのコンパクトサイズ。奥行きが短いため机の上に置いてもあまり邪魔にならない。
またレールは、ジョイント部を組み合わせて捻るだけで接合が可能になり、作業時間を大幅に短縮。
さらに既存の製品に比べると転がる距離が短い点を補うため、カーブとストレートではレールの幅を変え、鉄球のスピードに緩急を付けたという。

スピードの緩急によって視覚に訴えるというやり方は素晴らしいですね。

ボールは、通常の鉄球4個にくわえ、畜光剤入りの“夜光球”が5個付属する。本体の切換スイッチで「デイモード」「ナイトモード」に合わせるとヤード(玉をストックする場所)内で玉が切り替わる仕組みだ。
明るい昼間は鉄球の動きが楽しみ、夜は暗闇の中で光る球とクリア素材の本体による神秘的な光景を楽しめる。

モードの切り替えによって、一日中『SPACEWARP desktop』を堪能できます。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。