サッカー・欧州チャンピオンズリーグ、セルティックが前回王者ACミランを破る!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・欧州チャンピオンズリーグ、セルティックが前回王者ACミランを破る!


中村俊輔選手が所属するセルティックが、欧州チャンピオンズリーグの1次リーグで前回王者のACミランに勝利しました。ホームでの試合とはいえ、実力上位のチームから勝利は決勝トーナメント進出に向けて大きな勝ち点ですね。

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は3日、当地などで1次リーグA-D組の8試合を行い、MF中村俊輔が所属するD組のセルティック(スコットランド)は前回王者のACミラン(イタリア)を2-1で破り、初勝利で1勝1敗の勝ち点3とした。

D組のもう1試合ではシャフタール・ドネツク(ウクライナ)がアウェイでベンフィカ(ポルトガル)を1-0で下した。

この結果グループD組は2試合終了時点で2連勝のシャフタール・ドネツクが首位。セルティックとACミランは共に勝ち点3となり、ベンフィカは勝ち点0で最下位となっている。

欧州チャンピオンズリーグ前回王者のACミラン相手に1次リーグ初勝利は、セルティックにとって“金星”といっていいのではないでしょうか。
3日に行われた欧州チャンピオンズリーグの8試合で、ドローの1試合をのぞくと、6試合はアウェイのチームが勝利を収めるという珍しい現象となったが、唯一ホームチームが勝利したのがセルティック対ACミラン戦だった。

サッカー、特に欧州チャンピオンズリーグのような試合ではホームチームが断然有利な状況だけに確かに珍しい現象ですね。

中村俊輔が途中出場で決勝点に絡む
雨の中で行われた試合は、前半は0-0で折り返が、62分にセルティックのマクマナスが至近距離から押し込んで、ようやくACミランの固い守備を破った。しかし、その6分後にはアンブロジーニが倒されて得たPKをカカが決めて、ACミランが追いつく。

ホームで勝利が欲しいセルティック・ストラカン監督は85分に左ひざの故障から回復途中の中村俊輔を投入。これが奏功して中村俊輔を起点とした攻撃から、マクドナルドが決勝点をたたき込んだ。

終了直前の決勝点は劇的でした! 中村俊輔選手も故障をおしての途中出場でよくやりました。

また、ロスタイムにピッチに侵入したファンがミランGKジーダの顔を殴り、ジーダが担架で運び出されるという場面があった。

いくら興奮したといってもこれはやり過ぎです! 後々セルティックにペナルティーがなければいいですか...

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。