川崎フロンターレサポーター、横断幕を掲げてJリーグへ講義!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎フロンターレサポーター、横断幕を掲げてJリーグへ講義!


Jリーグのお偉いさんもACL敗退が悔しかったのでしょうが、ちょっとサポーターの気持ちを飛び越したコメントしちゃいましたね。チーム側としても日程の過密さなど不満のある所ですから。

川崎フロンターレのサポーターがJリーグに対する“抗議行動”に打って出た。30日、ホームで行われた甲府戦で約3000人の署名が入った「我々は裏切られていません」という横断幕を掲げた。

9月23日の柏戦でメンバー8人を入れ替えた川崎フロンターレを「サポーターへの裏切り」と批判したJリーグ幹部に反発したもので、1日にはその横断幕をJリーグ側に渡す予定だ。

試合は9月26日のセパハン戦でPKを外したMF谷口博之(22)の同点ゴールで1-1と引き分けた。

Jリーグ幹部はtotoのことなどもあり、先発メンバーを入れ替えた=チームの力を落としたと考えたのでしょうが...
川崎フロンターレを応援するサポーター達からすると、過密日程の中ACLをがんばったのにこの言われ様は怒っちゃいますね。


(引用:Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000020-spn-spo
川崎フロンターレの武田社長がJリーグの鬼武チェアマン、犬飼専務理事ら4人と会談したのは9月28日のこと。「やむを得なかったと判断している」という鬼武チェアマンの言葉で事態は収束したかのように見えたが、川崎フロンターレサポーターは納得していなかった。

上の方だけで一応の会談して、解決したからって言われてもね。

■横断幕でJリーグへ抗議
ACL敗退が決定した同26日のセパハン戦では、犬飼専務理事がリーグ戦での選手入れ替えを批判して「サポーターを裏切ったことへの説明を求める」「リーグ戦を投げた」と発言。スタジアムの2階席には「犬飼さん、我々は裏切られていません」と“犬飼発言”への反論が堂々と掲げられた。

ACL敗退を一番悲しんでいる選手・サポーターに向けて、まず「ご苦労さん」ぐらい言ってからでも...

20メートル×2メートルの巨大横断幕はサポーターの中心グループ「川崎華族」が作製。
「犬飼さんがサポーターの気持ちを代弁しているかのように話をしているのが納得いかない。少なくとも川崎フロンターレサポはチームのユニホームを着てピッチで戦っている選手がベストメンバーだと思って応援している」と説明。
試合前に会場で署名活動を行って、約3000人が同意のサインをした。署名が書かれた横断幕は後半20分に外したが、それも、マッチコミッショナーがかけた「気持ちは分かったから外してくれ」という“同情”の言葉に納得したから。Jリーグ側への不満は消えておらず、1日には代表者が横断幕をJリーグに届けるという。

本意ではなくても、サポーターの気持ちを代弁しているかのように取られてしまった発言は修正すべきでしょう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。