F1日本グランプリ決勝、ルイス・ハミルトンが雨中のレースを制す!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1日本グランプリ決勝、ルイス・ハミルトンが雨中のレースを制す!


F1日本グランプリ決勝は雨が降る中30年振りに富士スピードウェイにて開催され、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン選手が優勝しました。
久々の富士スピードウェイでのF1開催でしたが天候を含め波乱のレースとなりました。


F1世界選手権今季第15戦「フジテレビ日本GP」が30日、静岡・富士スピードウェイで67周の決勝を行い、ポールポジションからスタートした新人のルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)が2時間0分34秒579(平均時速151.978キロ)で今季第11戦・ハンガリーGP以来の4勝目を挙げた。

2位はヘイキ・コバライネン(フィンランド=ルノー)。3位はキミ・ライコネン(フィンランド=フェラーリ)。
日本人ドライバーは山本左近(スパイカー・フェラーリ)が自己最高の12位。佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)は15位という結果だった。

雨が降り続く大変なレースでしたが、“強いチーム・ドライバーはどんな状況でも強い”と感じさせるレースでした。
■30年振りの富士スピードウェイでのF1は終始雨模様...
予選時から雨が降り続いたF1日本グランプリは決勝も雨中でのレースとなった。

13時半、雨の降るウエットコンディションの中、セーフティーカー先導により67周の決勝レースがスタート。追い越し禁止状態で低速走行の周回が重ねられていく中、フェラーリの2台がいち早く動き、給油のためピットに入り最後方へ。

この辺のレース展開の読みはさすがフェラーリです。

レース序盤の19周を終えた所でようやくセーフティーカーが先頭を外れ、各車一斉に水しぶきを上げながら全開走行に突入した。

F1を良く見る人は「これもレース」ですが、あまりF1を見ない人にとってはチョット面白みに欠けましたかね!?

レースも終盤に差し掛かり、アロンソの前で5位を走行していたライコネンが40周を終えた所でピットイン。このレースだけでなく、シリーズのドライバーズ・ポイント争いからも脱落したかと思われた矢先の42周目、なんとアロンソが単独のスピンによりクラッシュ。コース上でマシンを止めたことにより、再びセーフティーカーが投入される。
しかし波乱はまだ収まらず、セーフティーカー走行中に2位のマーク・ウェバー(レッドブル)と3位のセバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)が接触。2台ともがここでレースを終え、ライコネンがポイント圏内に再浮上した。

48周を終えた所でセーフティーカーが先頭を外れ、全開走行のレースが再開。ライコネンは57周目にデビッド・クルサード(レッドブル)を交わして4位に浮上すると、58周を終えて前を行くマッサが給油のためにピットイン。3位に浮上したライコネンは、最後まで前を行くヘイキ・コバライネン(ルノー)を猛追したが届かず。

レースは最後までわからないとはよく言ったものです。しかも雨中のレースでは。

15時半、新生・富士の初代チャンピオンに、ポール・トゥ・ウィンでルイス・ハミルトンがその名を刻み、同時に今シーズンのドライバーズ・タイトルをほぼ手中に収めた。

30年振りに富士スピードウェイで開催されたF1日本グランプリですが、天候は残念でしたがある意味印象に残るレースになったのではないでしょうか。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。