小池徹平、TVドラマ初主演作品で全盲のテノール歌手・新垣勉を熱演!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池徹平、TVドラマ初主演作品で全盲のテノール歌手・新垣勉を熱演!


小池徹平さんというば、人気デュオ・WaTとしての活躍の他に俳優としてドラマ等に出演していましたが、フジテレビ系スペシャルドラマでTVドラマ初の主演を演じるということです。

人気デュオ・WaTの小池徹平(21)がフジテレビ系スペシャルドラマ「まだ見ぬ父へ、母へ・魂で歌う青い海~全盲のテノール歌手・新垣勉の奇跡」(12月放送)でドラマ初主演することが分かった。

小池徹平さんの初主演ドラマということで注目されるでしょうが、新垣勉氏の半生を描いたということで内容もしっかりした、良い作品になるとててと思います。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000004-sanspo-ent
小池徹平が全盲のテノール歌手・新垣勉役に挑む
ドラマは沖縄米軍兵の父と日本人の母の間に生まれ、生後間もなく事故で全盲になったテノール歌手で牧師、新垣勉氏(54)の半生を描いた作品。

新垣勉氏の激動の人生が上手く表現されれば、良いドラマになるのではないでしょうか。

14歳から42歳までの約30年間を演じる小池徹平は、「全盲の方の役も、これだけの年代の幅を演じるのも初めて。それぞれの年代で気持ちを切り替えて演じたい」と、7月中旬からの沖縄ロケに臨んだ。

初主演にしては確かに難しい役を演じますね。

テノールの発声法にも挑戦するなど難役だったが、「役者として成長できる作品だし、一つの壁になる作品。高い壁があればあるほど燃える。演技でも音楽でも今はたくさん吸収する“スポンジの季節”だと思います」と初主演作に自信をみせている。

新垣勉氏を上手く演じられれば、小池徹平さんの俳優としての評価が上がることでしょう。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。