柔道・世界選手権、谷亮子選手が“ママ”になって初の金メダル!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道・世界選手権、谷亮子選手が“ママ”になって初の金メダル!


柔道の世界選手権で日本人選手の多くが苦戦する中、“ママ”になった谷亮子選手が金メダルを獲得しました。まだ谷亮子選手!?という感じもしますが、出産を経て3年ぶりに国際大会に復帰して優勝しちゃいますからね。

柔道の世界選手権最終日は16日、リオデジャネイロのオリンピックアリーナで行われ、女子48キロ級で谷亮子(トヨタ自動車)が2大会ぶり7度目の優勝を果たした。

谷亮子は2005年の前回カイロ大会の出場を辞退し、同年暮れに長男を出産。
母親として初めて臨んだ世界選手権で見事優勝、来年の北京五輪へ向けて弾みをつける金メダルを獲得した。

北京五輪での「“ママ”でも金」、本当にあるかも!?
■“ママ”になって初めて臨んだ世界選手権でV7
今年4月の全日本選抜体重別選手権で復帰した谷亮子は、優勝は逃したが今大会の代表に選ばれた。

優勝せずに代表入りしたのはどうかと思いましたが、不振続きの日本柔道の中、しっかり結果を出す谷亮子選手。他の選手と何かが違うんでしょうね。

04年のアテネ五輪以来の国際大会だったが、切れのある動きと冷静な試合運びが光った。

谷亮子選手は、実力は勿論ですが国際大会での戦い方が上手いように思います。

谷亮子は1993年以降に出場した世界選手権7大会をすべて制し、優勝回数は男女を通じて大会史上最多となった。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。