F1・マクラーレンチーム、スパイ疑惑でコンストラクターズ・ポイントの剥奪決定!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1・マクラーレンチーム、スパイ疑惑でコンストラクターズ・ポイントの剥奪決定!


F1の強豪チーム・マクラーレンがライバルチームの機密情報の不正入手・流用の疑いが持たれている件で、国際自動車連盟(FIA)の処分が発表されました。

国際自動車連盟(FIA)は13日、F1世界選手権シリーズに参戦しているトップチーム、フェラーリとマクラーレン・メルセデスが絡む機密情報流出事件に関する聴聞会をパリで行い、マクラーレンから今季のコンストラクターズ(製造者部門)ポイント(所属ドライバーが獲得したドライバーズ・ポイントの合計)を剥奪する処分を決めた。

コンストラクターズ・ポイント全てを剥奪、今季のタイトル争いから除外までの問題になるとは驚きました。

ドライバーズランキングで首位のルイス・ハミルトン(英国)と、2位のフェルナンド・アロンソ(スペイン)の、所属する2人に対する処罰はなく、両者は今季残る4戦に出場し、ドライバーズ・ポイントを獲得できる。ただ、その場合もチームにコンストラクターズ・ポイントは加算されない。

所属ドライバーに対する処分は無いといっても、チームの士気低下は避けられないでしょうから、力を出し切れるレースができるかとなると厳しいでしょう。

またチームには、過去最高額となる1億米ドル(約115億円)の罰金が科された。

賞金や放映権収入などから分配予定だった物らしいですが、マクラーレンのような強豪チームだと大きなお金が入るんですね。改めてF1の規模の大きさを感じます。

(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000902-san-spo
マクラーレンの技術者が元フェラーリの技術者から機密情報を得たとされる事件で、FIA世界モータースポーツ評議会は7月に聴聞会を開き、マクラーレンに国際スポーツ法典違反があったと認定。
しかし違法に入手した技術を今季の車両開発に流用したと認めるには証拠不十分とし、チームへの処分を見送った。

この時点で問題は有耶無耶のまま終息するものと思っていましたが...

ところがFIAが今月に入って「新たな証拠を入手した」として評議会を再招集したことから、当初は2007、08両年の選手権からの除外などさらに厳しい処分が予想されていた。
決定ではマクラーレンに来季用車両の技術報告を提出させ、今年12月の同評議会で08年の参戦の可否を決めるとしている。

FIAとしても、人気のマクラーレンチームをF1・07/08選手権からの除外することはしたくないでしょう。

マクラーレンのロン・デニス代表は処分の決定後、今週末の第14戦・ベルギーGPへの出場を表明した上で、「こうした形での処罰は受け入れられない。われわれのドライバーやスタッフが提示した証拠は、われわれが無実であることを明白に示している」とする声明を発表した。

マクラーレン側としては“何でいまになって”と不服でしょうね。

マクラーレンは今季ここまで13戦中、7戦を制するなど、1998年以来のコンストラクターズタイトル獲得の可能性が高くなっていた。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。