サッカー・女子W杯、なでしこジャパンの初戦はイングランドと分ける・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・女子W杯、なでしこジャパンの初戦はイングランドと分ける


なでしこジャパンの初戦はイングランド相手に2-2で引き分けという結果でした。勝てなかったことは残念ですが、試合終了間際のFKで同点に追いつくという見ている方としてはハラハラドキドキの見ごたえある試合でした。

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)中国大会第2日は11日、上海などで1次リーグ3試合を行い、日本代表(なでしこジャパン)はA組初戦でイングランドと対戦し、終了間際に追いついて2-2で引き分けた。

1次リーグA組突破を考えると勝ちたい所でしたが、前回優勝のドイツなどヨーロッパ勢が“本気”で女子サッカーに力を入れてくると、簡単にはいきません。
それにしても、よく追いついた!
5大会連続出場で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング10位の日本代表は、同12位のイングランドに苦戦。しかし1-2で迎えた後半ロスタイムに、宮間あや(岡山湯郷)がFKでこの日2点目を挙げ、同点に追いついた。

先制しながら終盤に2失点してイングランドに逆転を許すという苦しい展開から、よく引き分けまで落ち込みました。健闘しましたよ、なでしこジャパン!

宮間あや選手、FKで先制&同点ゴール
身長157センチ。小さな「なでしこ」が日本の危機を救った。

1-2の試合終了間際、ゴール前右の約25メートル。宮間あやのFKはイングランドの高い壁を越え、ゴール左隅に吸い込まれた。

日本代表の先制点も後半10分の宮間あやの芸術的な約25メートルのFKだ。「常にチャンスがあれば狙っている」。その積極性が土壇場で結実した。

宮間あや選手様々ですよ、ホント。この活躍で、なでしこジャパン・女子サッカーの人気者となるかもしれませんね。

日本代表(なでしこジャパン)の第二戦は14日、当地でアルゼンチンと対戦する。

ここはしっかり勝たないと1次リーグ突破は厳しくなるので、本来の持ち味である素早いパス回しのサッカーで是非とも勝利して欲しいです。

(引用:iza!)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。