世界陸上・男子棒高跳び予選、沢野大地は記録なしで予選落ち!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界陸上・男子棒高跳び予選、沢野大地は記録なしで予選落ち!


沢野大地選手の世界陸上大阪大会は記録なしに終わりました。他の競技でもいい結果が出ていない日本勢ではありますが、沢野大地選手に至っては予選落ちで記録なしという結果に...

世界陸上大阪大会第6日、男子棒高跳び予選が行われ、予選B組に出場した前回大会8位入賞の沢野大地(26)=ニシスポーツ=は5メートル55を2度失敗した後、5メートル65に挑んだがクリアできず記録なしで予選落ちとなった。

沢野大地選手が3度目の世界陸上で決勝に進めなかったのは初めて。

何かアクシデントがあったにせよ、記録なしというのは予選落ちという結果以上に残念です。勿論本人が一番悔しいでしょうが...

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000196-sph-spo
沢野大地は5メートル55の1回目は、踏み切りでポールを握った手を滑らせ崩れ落ちマットに投げ出された。

2回目は助走途中で中断した後、制限時間ギリギリで再び走り始めたが、途中で脚を気にするしぐさを見せ、踏み切ることが出来ず失敗した。

3回目を回避し時間を稼ぎ、5メートル65の1回勝負に臨んだが、1度助走をやり直した末のジャンプはバーのはるか下をくぐるのがやっと。

1回目に手を滑らせた所で"嫌な予感"がしましたが...
棒高跳び競技でバーを越える形にすらならないのではどうしようもありません。


沢野大地選手コメント
「応援してくれた人に申し訳ない。ウオーミングアップまでは問題は何もなかった。100パーセントつってはいけない試合で対策はすべてやってきたのに、最後は全身がつった。何でか分からない」

沢野大地選手本人が分からないものは見ている方も分かりませんね、当然ながな。分からないまま北京五輪を目指すようなことにならなければいいのですが!?

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。