サッカー・Jリーグ横浜FCが高木琢也監督を解任!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・Jリーグ横浜FCが高木琢也監督を解任!


高木琢也監督の解任を横浜FCが発表しました。リーグ最下位の成績不振が理由。残り試合も12試合となったところでJ1昇格をもたらした高木琢也監督交代が吉と出るか凶と出るか!?

サッカー・J1横浜FCは27日、成績不振を理由に高木琢也監督(39)の解任を発表。後任はブラジル人のジュリオ・セザール・レアル・ジュニオール氏(56)=登録名ジュリオレアル=で、この日から練習の指揮を執った。
18日のリーグ戦でG大阪に引き分けるなど、チーム状態が上がってきた中での突然の解任に、選手も動揺の色を隠せなかった。

シーズン当初は話題を集めた横浜FCですが、成績は最下位。やはりJ1残留の危機ということでフロントも「何か手を打たないと」と焦りだしましたかね!?

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000008-dal-socc
高木琢也監督の解任は、26日夜の取締役会で協議、決定され、監督本人に解任が伝えられたのは27日の朝。11日の横浜ダービー大敗後、残り2試合の結果で判断を下すことが決まっていた。
高木琢也監督は25日の鹿島戦後「チーム状態は非常に上がってきている」と話し、翌26日には新潟-清水戦を視察。29日の清水戦へ強い意欲を見せていただけに無念の解任となった。

横浜ダービーでの大敗時に解任の協議をして決定していたのなら、間を空けずに解任とした方がよかったように思いますが。

解任理由について横浜FCの坂本社長は「ここ4試合で勝ち点1。プロの世界だから勝ってもらわないと厳しい」と、成績の低迷を挙げた。
一方で「クラブの功労者ということで、もう1試合、もう1試合と、判断が延びてしまった」と苦しい胸の内も明かした。「解任は絶対にJ1に残ろうというメッセージ」と力を込めた。

功労者だけに"情"が出たということでしょう。難しい判断ではあります、確かに。

■選手の間からは疑問・不満も
これまでフロントから一貫して「最後まで高木体制でいく」との説明を受けていた選手たちからは疑問の声が続出。主将のMF山口は「あまりに唐突でビックリした」と戸惑い、ある選手は「どういう意図で、このタイミングにしたのか、よくわからない」と不満を漏らした。

選手達が動揺せず、この監督交代で発奮できるか、横浜FCの今後の戦いに注目しましょう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。