バレーボール・女子ワールドGP第二週の初戦、日本が台湾に快勝!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール・女子ワールドGP第二週の初戦、日本が台湾に快勝!


バレーボール・女子ワールドグランプリ第二週、東京大会第4日は10日、東京の有明コロシアムで1次リーグが行われ、日本は昨年の世界選手権で敗れた台湾を3-0のストレートで破り、通算成績を3勝1敗としました。

バレーボール・女子ワールドグランプリ第二週の初戦が10日、有明コロシアムなどで行われ、日本は台湾に3-0(25-19、25-19、25-5)で勝利した。

3連戦の初戦を勝てたのは後の2戦に繋がりますね。残り2戦がオランダ・ブラジルという強豪国が相手ですがなんとか...
バレーボール・日本女子チームが昨年の世界選手権で敗れた台湾を相手にリベンジを果たした。

第1セット途中までは日本にミスが続き、互角の展開だった。格下と思われた台湾にまさかの逆転負けを喫した昨年の世界選手権を想起させる展開だったが、木村のうまいサーブが試合の流れを大きく変えた。
緩いボールをネットすれすれに落としたり、伸びのある球質でエンドライン際を狙ったりして台湾の守備を崩した。これによって、本来の動きを取り戻した日本は25-19で第1セットを取った。

バレーボール・日本女子が世界の上位にいくためには、サーブで相手守備を崩していかないとなかなか優位な展開には持っていけません。

第2セットは高橋のジャンプサーブを足がかりに25-19で取ると、そのまま勢いに乗り、第3セットでは、台湾アタッカー陣を圧倒。わずか5得点しか許さず勝負を決めた。

台湾の集中が"キレた"のもあるでしょうが、最後は圧倒しましたね。

バーレーボール・日本女子チームは11日にオランダ、12日にブラジルと対戦する。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。