鼻歌検索『midomi』の日本版公開 - 携帯向けも年内に・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻歌検索『midomi』の日本版公開 - 携帯向けも年内に


鼻歌検索midomi』に日本語版が登場! 『midomi』には鼻歌を吹き込むだけでその歌の曲名や歌手名を検索したり、“鼻歌アーティスト”たちの歌声が聞けるなどのサービスがあります。年内には携帯電話から使えるようにする計画もあるようです。

鼻歌を吹き込むと、その歌の曲名や歌手名を教えてくれる米Melodis Corporationのサービス『midomi』日本語版が、8月10日に公開となった。
メロディや歌詞は思い出せるけど曲名がどうしても思い出せない ――そんな状況を助けてくれる上、世界の“鼻歌アーティスト”にも出会える。

また、PC版だけでなく携帯版も年内に始めたいとする考えを明かした。

鼻歌検索サービスの日本語版がついに公開となりました。音声認識機能をこのような形で用いるのは面白く、よくできたシステムですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000029-zdn_n-sci
midomi』は、PCに接続したマイクから鼻歌を吹き込めば、曲名や歌手名とひも付けた“鼻歌データベース”と照合。数秒で曲名や歌手名を探し出し、同じ歌を歌った人の鼻歌も聴ける、というサービスだ。

検索としても便利そうですが、鼻歌を吹き込んだり聴いたりすねのも楽しそうです。

■音が外れたり、詞が分からなくても判別可能
人の声に特化した独自の音声認識エンジン「MARS」(Multimedia Adaptive Recognition System)を活用した。
鼻歌データ同士をマッチングし、メロディーや、歌詞(音声を解析しているため言語に依存しない)、音程、リズムの特徴、息継ぎのタイミングなど、複数の要素を組み合わせて検索する。

メロディーが同じで詞が異なる曲(きらきら星とABCの歌など)も別の曲として判別できるほか、キーがずれていたり、歌詞の一部を間違っても高精度に検索できるという。
同社が30人にランダムに1000曲検索してもらったところ、データベースにある曲ならほぼ100%正確な結果を得られたという。

歌の苦手な人でも鼻歌検索midomi』なら安心!?

鼻歌データベース、1日1000~3000曲増加
検索対象となる鼻歌データベースは、ユーザーが作るのが特徴。誰かに歌を聴いてほしいと思っている“鼻歌アーティスト”が、PCマイクに向かって好きな曲を歌い、曲名と歌手名を付けて登録してもらうことで、データベースが充実していく。

ユーザーが増えれば、どんどんデータベースも大きく成長していくという仕組もよく考えられています。

登録すれば誰でも鼻歌アーティストになれる。SNS機能を備え、鼻歌アーティストとリンクして"最新鼻歌情報"を受け取ったり、歌声を評価したり、掲示板にコメントを残すといったコミュニケーションが可能だ。

自分のお気に入り鼻歌アーティストを見つけられるかも!?

(引用:ITmedia)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。