バレーボール女子ワールドGP、日本がカザフスタンを破り初戦を飾る!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレーボール女子ワールドGP、日本がカザフスタンを破り初戦を飾る!


バレーボール女子ワールドGPが開幕! 東京大会は3日、東京の有明コロシアムで開幕し、日本は3年ぶりに代表復帰した栗原恵選手(パイオニア)の活躍などでカザフスタンをストレート勝ちし、初戦を飾りました。

バレーボール女子のワールドグランプリ東京大会初戦、日本はカザフスタンをストレートで破り、1次リーグ初戦を飾った。

ホーム日本開催の大会で"格下"相手ということ差し引かなければいけませんが、初戦をストレート勝ちできたのはよかったですね。
“プリンセス・メグ”がついに目覚めた。バレーボール女子のワールドグランプリが3日、東京・有明コロシアムなどで開幕し、日本はカザフスタンにセットカウント3-0で勝利した。

3年ぶりに主要国際大会に臨んだ栗原恵が、両チームでトップの19得点と大爆発。
栗原恵は「緊張しました」と振り返るが、ジャンプサーブ、バックアタックが冴え、それを感じさせない活躍ぶりだった。

怪我などの影響か、去年あたりは絶不調な感じでしたが、体調が戻ればやはり日本選手の中では一歩抜けた力を持っているようです。

栗原恵選手の3年ぶりに代表復帰で全日本のプレースタイルも変わった。
柳本監督は「バックスパイクに幅ができた」といい、「栗原をライトに振ったプレーがありましたが、あれがこれまでの日本にはなかった。“新3D”と言っていい」と手ごたえを感じていた。

この手ごたえが強豪国にも通用するといいのですが...

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。