サッカー・U-22日本代表、4カ国対抗戦の初戦で北朝鮮に勝利!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-22日本代表、4カ国対抗戦の初戦で北朝鮮に勝利!


サッカー・U-22日本代表は、中国・瀋陽で行われている4カ国対抗戦の初戦で北朝鮮代表と対戦。
MF梅崎司のU-22代表デビュー弾など、2-1で開幕戦を勝利で飾りました。


梅崎のデビュー弾でU-22日本代表が白星スタートを切った。
4カ国対抗戦が1日、中国・瀋陽で行われ、U-22日本代表は開幕戦で北朝鮮を2-1と下した。

同代表デビューを飾ったMF梅崎司(20=大分)が前半29分にゴールを決めるなど活躍。北京五輪アジア最終予選に向け、新生U-22代表の切り札に名乗りをあげた。

"アウェー"の厳しい中で新しい力が出てくると、五輪最終予選も楽しみになってきます。

また、3日に日本と対戦する中国はボツワナを2-0で下した。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000007-spn-spo
試合は、日本代表は前半22分に梅崎のCKを森島康仁(C大阪)がつなぎ、ゴール前に飛び込んだ河本が先制点を挙げる。
そして、前半29分。梅崎はペナルティーエリア付近の谷口にボールを預けると、自らはゴール前左へ。谷口の絶妙なヒールパスを受け、右足で冷静にニアサイドに決めて追加点を奪った。

梅崎はU-22日本代表での公式戦初出場で初ゴール。「ミドルも打てたけど、谷口さんがフリーだったのでワンツーで抜けた。理想的なゴールだった」。自画自賛の一撃で、昨年11月のアジアユース選手権決勝で敗れた北朝鮮に借りを返した。

同じ相手に連敗はしたくない所でしたから、この勝利・活躍で梅崎選手が益々伸びてくれるといいと思います。

後半に入ると北朝鮮が猛攻を仕掛けるが、U-22日本代表はGK西川周作(大分)を中心に守備陣が奮闘。PKによる1失点に押さえ、逃げ切った。

守備陣の必死のがんばりも、この試合の勝利に大きかったです。

試合後、反町監督は「左サイドのウメ(梅崎)とミチ(安田)は非常に機能していた」と高く評価。それでも梅崎本人は「(平山ら)レギュラー組がいなかったし、まだまだ。もっともっとアピールしないと」とどん欲な姿勢を示した。U-20代表の顔だった男が、今度はU-22代表の顔を狙う。

個々の選手が切磋琢磨して、サッカー・U-22日本代表は"いい感じ"になってきているようですね。

■サッカー・U-22日本代表メンバー
GK:西川周作(Cap)
DF:一柳夢吾→青山隼(後半42分)、千葉和彦、河本裕之、安田理大
MF:谷口博之、上田康太、枝村匠馬→増田誓志(後半23分)、8 梅崎司→6福元洋平(後半40分)
FW:岡崎慎司→カレン・ロバート(後半23分)、森島康仁→平山相太(後半31分)

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。