サッカー・アジアカップ、日本代表は韓国にPK戦の末破れ4位!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・アジアカップ、日本代表は韓国にPK戦の末破れ4位!


日本代表は厳しい気候や移動の中、よく戦ったとは思います。しかし、4位という結果は残念ですね。
次回のサッカー・アジアカップは予選からになるでしょうが、返って日本代表チームとして多く試合を経験できると良い方にとらえましょう。


サウジアラビア代表に敗れ3連覇を逃した日本代表は28日、サッカー・アジアカップ3位決定戦で韓国代表と対戦。

一人少ない韓国に対して最後までゴールを割れなかった日本代表。勝負はPK戦に持ち込まれると、日本代表は6人目の羽生が外し6-5で韓国に敗れた。

PK戦は確かに残念でした。出来れば、PK戦の前に得点チャンスが数多くあったのを決めたかったです。
長時間の移動に加え連戦の疲労が残る日本代表。オシム監督はサウジアラビア戦のメンバーをほぼフル稼動。唯一、FW巻誠一郎を山岸智に変え中盤の枚数を増やした。しかし、ボール保持率は上がらず韓国の早い出足に苦戦した。

ほぼ同じメンバーが出場し続けたのは色々な意見が出るでしょうが、現時点では先発メンバーとサブのメンバーに差があるとオシム監督は判断したのでしょう。

それでも中村俊を起点に攻撃を展開。前半7分、その中村俊のパスを受け裏へ抜け出した遠藤がシュートを狙うも、ゴール右に外れてしまう。
さらに今大会通じて、日本代表にとって一つで武器となっていたセットプレイで韓国ゴールを襲う。同11分、ゴール前で遠藤が直接FKを狙うもイ・ウンジェに弾かれる。
そして終了間際の43分、今度は右からのCKにゴール前でDF中澤がシュートを放つも、またしてもイ・ウンジェに止められ、得点には至らず勝負は後半戦へ持ち込まれた。

前半の内に1点欲しかったです、良いチャンスありましたから。

後半12分、韓国DFカン・ミンスの退場によって日本代表は完全に流れを引き込む。しかし、オーストラリア戦同様、ボールはつなげどゴールまで結びつかずただ時間は過ぎていくばかり。バイタルエリア付近でボールを持ち、チャンスを作ることは皆無だった。
結局、最後まで韓国ゴールは割れず勝負は延長戦へ持ち込まれた。

このアジアカップで始まったことではないですが、サッカー・日本代表の攻めの形がはっきり見えてきませんね。

延長に入ると日本選手の足も止まり、ボール回しの段階でミスが続出した。延長終了間際に羽生が絶好のチャンスを外してしまうなど、数少ない決定機をモノにすることができず試合はオーストラリア戦同様PK戦へ。

相手韓国は長いこと10人だったんですけど...

日本代表、韓国ともに5本きっちりと決めサドンデスへ。
韓国が決める後の日本6人目。キッカー羽生。左に狙ったシュートはイ・ウンジェに弾かれ万事休す。6-5で韓国に後塵を拝した。

これで韓国が2011年に開催されるアジアカップのシード権を得ることになった。

次回大会のシード権は欲しい所でしたが、日本代表が真剣勝負の経験を多くつめると前向きに考えましょう。

今回のサッカー・アジアカップで3連覇を狙ったものの4位という結果似終わったことは、日本代表に大きな課題を残した大会になりました。

■サッカー・日本代表先発メンバー
GK 川口能活
DF 駒野友一、阿部勇樹、中澤佑二、加地亮
MF 遠藤保仁、山岸智、中村俊輔、鈴木啓太、中村憲剛
FW 高原直泰

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。