サッカー・U-20ワールドカップ、日本代表が2連勝で決勝トーナメント進出!!・野球・サッカーを中心としたスポーツ・エンターテインメント・テクノロジー・国内・海外のニュース・音楽情報などいろいろな話題について独自の視点から展示していくブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー・U-20ワールドカップ、日本代表が2連勝で決勝トーナメント進出!!


サッカー・U-20日本代表がグループリーグ2連勝で、U-20ワールドカップ3大会連続のベスト16入りを決めました。
試合全体を通して"我慢"する時間が多かったですが、よく耐えました。


FIFA U-20ワールドカップのグループリーグ第2戦、初戦を3-1で快勝した日本代表はコスタリカ代表と対戦。

後半23分、MF田中亜土夢が梅崎のクロスに合わせ先制点を奪うと、その後は防戦一方も守りきり1-0で勝利を収めた。

これでスコットランド戦に続き2連勝。大会通じて1番乗りで決勝トーナメント進出を決めた。

U-20日本代表は、初戦に勝ったことで勢いに乗った感じですね。
もう、このままグループリーグ3連勝も狙って欲しいです。
勝てば決勝トーナメント進出が決定するU-20日本代表は前半、技術力で上回るコスタリカ代表に主導権を奪われる。前半16分にはMFペレスにGKと1対1のチャンスを与えるなど、決定機を作られた。
しかし、なんとか耐えた日本代表。前半はスコアレスで折り返した。

初戦を落としているコスタリカとすれば勝ちたい試合ですから、前半から厳しく攻めてきました。

相手のリズムに慣れてきたこともあり、後半は日本代表ペースが続く。特に梅崎からチャンスを多く作り、第1戦に続き格の違いをみせつけた。
そして迎えた後半23分。右サイドでダイレクトパスをつないだ日本代表は、中央の森島へ楔となるパスを送る。これを左サイドに走りこんできた梅崎へ流すと、落ち着いて中央へクロス。飛び込んできた田中がきっちりと合わせ、日本代表が貴重な先制点を奪う。

前半"我慢"した甲斐があったという感じですね。

後がなくなったコスタリカは怒涛の反撃を仕掛ける。内田、福元の裏のスペースを使い何度も決定的な場面を作った。しかし、シュートに精度を欠き得点には至らず、タイムアップ。
U-20日本代表は史上初のグループリーグ連勝を飾り、早々と決勝トーナメント進出を決めた。

コスタリカとすれば、勝ちたい試合で後半の20分過ぎに先制点を奪われて、焦りもあったでしょう。

第3戦は、ナイジェリアとグループ首位をかけて対戦する。

勢いに乗ってる今のU-20日本代表なら、3連勝での決勝トーナメント進出もありえる!?

■サッカー・U-20日本代表先発メンバー
GK 林彰洋
DF 内田篤人,安田理大,福元洋平,槙野智章,
MF 梅崎司,田中亜土夢,柏木陽介,青山隼
FW 河原和寿,森島康仁

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。